雑貨や衣類、食品などの通信販売を行うフェリシモが2018年10月に発売した「飲むカレー CARRY CURRY」。3本1セット、約200セットの数量限定で販売したところ、SNSなどで話題を呼び、発売からわずか2週間で完売した。その後、追加生産を行ったが予約が殺到。現在も品薄状態だ。

「飲むカレー CARRY CURRY」(170g、3缶セットで税別1140円)
「飲むカレー CARRY CURRY」(170g、3缶セットで税別1140円)

 飲むカレーはスクリューキャップ付きの缶に入った具なしのカレーで、さらりとした食感と香り高いスパイスを使った本格的な味わいが特徴。サイズは500mlのペットボトルの半分程度。リキャップできてかさばらないので持ち運びしやすいのが売りだ。

 同商品はフェリシモと、15年に東京都が製作した防災ハンドブック「東京防災」のアートディレクターとしても知られるNOSIGNER(ノザイナー)の太刀川英輔氏が共同で開発した。商品誕生のきっかけは、太刀川氏の「レトルトカレーを持ち歩いて外で飲む」という一言だった。

 同社と太刀川氏はこれまでにも共同で商品を手がけた経緯があり、定期的に会議を行っている。17年春ごろ、「新しい朝食」というテーマで会議していたところ、「朝食にカレーを食べる人がいる」という話の流れから、太刀川氏が「外出先でパウチ入りのレトルトカレーにそのまま口をつけて飲んでいる」と告白。さらに同席していた社員のうち数人も同じようにカレーを飲んでいると話し、盛り上がった。

 だが、実際に外でも飲めるカレーを開発できたとしても、どの程度売れるかは未知数。そのため、一度は商品化が難しいという話になった。しかし、「『カレーを外出先で飲みたい』という意見はこれまでに聞いたことがないユニークなもの。お蔵入りさせるのはもったいない」と、同社プランナーの大森規子氏は商品化に至った経緯を話す。忙しくて食事が取れない人に向け、「ただ空腹が満たされるだけでなく、新幹線などの移動時にかっこよく飲める新しい商品を作りたい」(大森氏)という思いもあった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>