居酒屋「金の蔵」がスマートフォンアプリを活用し、月額4000円の定額制飲み放題サービスを開始した。お得感を打ち出すことで、自前のアプリをダウンロードさせる狙いがある。オウンドメディアとしてのアプリをさらに強化して、「ぐるなび」などのグルメサイトに依存した店舗運営からの脱却を進める。

 外食チェーンの三光マーケティングフーズが運営する居酒屋「金の蔵」では、店員にスマートフォンの画面を見せて、飲み放題を注文する客が増えている。同社が2019年3月5日に開始した月額4000円(税別、以下同じ)で毎日飲み放題を利用できる「プレミアム飲み放題定期券」だ。同サービスを利用するには、まず店の公式アプリをダウンロードし、アプリから飲み放題定期券を購入する。使用できるのは同一店舗で1日に1回。別店舗であれば同じ日に使用できる。

 金の蔵のプレミアム飲み放題サービスは、2時間1800円。これに対して、飲み放題定期券を毎日使った場合、1日当たりの金額は130円ほどで済む計算だ。頻繁に来店する客ほどお得になる。

三光マーケティングフーズが運営する居酒屋「金の蔵」。都内を中心に直営55店を展開する
三光マーケティングフーズが運営する居酒屋「金の蔵」。都内を中心に直営55店を展開する

 同社は、金の蔵の公式アプリの運用を18年2月20日に開始。同アプリでは、割り勘計算や割引クーポン配信などの機能を搭載していた。開始から1年間のダウンロード件数は、順調に伸びて約3万弱になった。これに、お得感を打ち出した飲み放題定期券を開始すると、伸びが加速し、直後の1週間で4000ダウンロードを達成した。

金の蔵が導入した月額定額制飲み放題サービス「プレミアム飲み放題定期券」のアプリ画面。利用する際、店内でスタッフに画面を提示する
金の蔵が導入した月額定額制飲み放題サービス「プレミアム飲み放題定期券」のアプリ画面。利用する際、店内でスタッフに画面を提示する

 ただ開始から日が浅く、認知度も低いため、飲み放題定期券の購入件数は、120とまだ少ない。そのため、店舗では専用のPOPを作成し、店員が客に見せて説明し、盛んにアピールしている。金の蔵では、アプリをダウンロードして会員登録したら、お通し代290円が毎回無料になる特典や、月額290円でファーストドリンクが無料になる「ファーストドリンク定期券」を19年4月12日に追加。アプリのメリットを相次いで打ち出している。

 同店のターゲットは20~30代の社会人で、客単価は2200~2300円と比較的安価だ。そうした客にとって、アプリをダウンロードするだけで、客単価の1割以上を占めるお通し代が無料になるインパクトは大きい。飲む量が少ない客の場合、ファーストドリンク定期券を購入すればビール(390円)だけで元が取れる。

月額290円(税別)を支払えば、1杯目のドリンクが無料になる「ファーストドリンク定期券」も始めた
月額290円(税別)を支払えば、1杯目のドリンクが無料になる「ファーストドリンク定期券」も始めた
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>