紳士服チェーンのAOKIが2019年3月に始めた、オーダースーツ専門店「Aoki Tokyo」が好調だ。全体構想を手掛けたレイ・イナモト氏の指揮の下、デジタル要素を減らしアナログと融合した、新たな購買体験の構築を目指した。これが奏功。若年層開拓に成功し、店舗の想定売上高を約10%上回った。

紳士服チェーンのAOKIはオーダースーツの新業態「Aoki Tokyo」を2019年3月に始めた
紳士服チェーンのAOKIはオーダースーツの新業態「Aoki Tokyo」を2019年3月に始めた

 2019年3月1日、銀座の一角に新たな店舗がお目見えした。紳士服チェーンのAOKIが手掛ける新業態「Aoki Tokyo」だ。ガラス張りの店舗の中をのぞくと、店の中心に据えられた長机に客が並び、店員と相談をしている。その様子は、さながら「Apple Store」のサポートデスク。「空間そのものや、サービスの体験によって、SNSでの口コミが広がり、顧客が顧客を呼んでいる。滑り出しは“上々”だ」と諏訪健治社長は顔をほころばせる。

 Aoki Tokyoは、AOKIが手掛ける初めてのオーダースーツ専門店。利用するにはまず来店日を決めて、店舗のWebサイトで予約する(完全予約制ではない)。来店時にはスタイリストが最大約28カ所を採寸。猫背や反り身、肩の位置などを補正して、顧客の体形に合ったパターンを制作する。また裏地やボタンなども、自由に選び、自分好みのスーツを作れる。価格は1着3万8000円(税別)から。オーダー後、最短3週間で届く。

1着3万8000円(税別)からオーダースーツを注文できる。裏地やボタンなども自分好みにカスタマイズ可能
1着3万8000円(税別)からオーダースーツを注文できる。裏地やボタンなども自分好みにカスタマイズ可能

 「既製服市場はダウントレンドだが、オーダースーツ市場は増加している。約400億円あるオーダースーツ市場のうち、5年で25%を取っていくことを目指す」と諏訪氏は高い目標を掲げる。ただし、同社はオーダースーツ市場では後発に当たる。コナカの「DIFFERENCE」、ベンチャー企業のFABRIC TOKYO(東京・渋谷)など、大小問わずさまざまな企業がオーダースーツ市場に照準を合わせている。先行する企業と差異化するうえで、AOKIがこだわったのは購買体験の質だ。「スーツができるまでの過程も含めて、高い購買体験を提供するサービス設計を目指した」と全体構想を手掛けたクリエイティブディレクターのイナモト氏は説明する。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>