東京・秋葉原で開催されたeスポーツリーグ「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」のグランドファイナルにNTT東日本が初めて参画し、パブリックビューイング会場へのライブ配信などを行った。これを足掛かりに、e-Sportsイベントへのシステム提供、受託事業などを積極展開する考えだ。

左から司会の八田亜矢子氏、ノンスタイルの井上裕介氏、優勝を飾ったイタザン オーシャンの3人、ゴールデンボンバーの歌広場淳氏
左から司会の八田亜矢子氏、ノンスタイルの井上裕介氏、優勝を飾ったイタザン オーシャンの3人、ゴールデンボンバーの歌広場淳氏

 「ストリートファイターリーグ poweded by RAGE」は、カプコンの対戦格闘ゲーム『ストリートファイターVアーケードエディション(ストVAE)』を使ったeスポーツリーグで、プロ選手とハイアマチュア、初心者の3人がチームを組んで戦うリーグ戦だ。

 2019年3月21日に東京・秋葉原で開催された最終決戦「グランドファイナル」には、3カ月間のリーグ戦の上位3チーム──板橋ザンギエフ選手率いる「イタザン オーシャン」、ネモ選手率いる「ネモ オーロラ」、マゴ選手率いる「マゴ スカーレット」──が進出。結果は、予選を1位通過したイタザン オーシャンが勢いそのままに勝ち抜けて優勝を決めた。

NTT東日本の拠点を使って中継の遅延を抑制

 今大会の注目は、NTT東日本がICTサプライヤーとして初めて参画したことだ。同社は大会当日、宮城県仙台市の同社通信ビルにパブリックビューイング会場を開設。同社の閉域網(フレッツ網)とパブリッククラウドを利用し、秋葉原の本会場とパブリックビューイング会場間をつないで、大会の模様をライブ配信した。また、試合の合間には、秋葉原と仙台の来場者がオンライン対戦できる環境も用意した。

 システムを担当した、NTT東日本ビジネス開発本部アクセラレーション担当主査の影澤潤一氏によると、同社は以前からカプコンと付き合いがあり、18年の秋くらいから何らかの取り組みができないか模索していたという。そこで案として挙がったのが、パブリックビューイングだった。影澤氏は、「NTT東日本には約2000の拠点があり、相互に閉域網でつながっている。これを活用すれば、安価で安定した通信環境を構築できると考えた」。

NTT東日本 ビジネス開発本部アクセラレーション担当主査の影澤潤一氏
NTT東日本 ビジネス開発本部アクセラレーション担当主査の影澤潤一氏

 eスポーツのライブ配信では、閉域網からインターネット網を介してパブリッククラウドにつながる構成が一般的だ。この構成は、インターネットを経由するため、どうしても遅延しやすい。「ゲーム系のイベントでライブ配信をしている様子を見たことがある人なら、現場と配信で数秒から十数秒のタイムラグがあることを経験として知っているのでは」と影澤氏は話す。

 一方、今回使ったのは、閉域網からクラウドゲートウエイを介してパブリッククラウドにつなぐ構成。インターネット網を排すことで、遅延を約10分の1程度に抑えられたという。「秋葉原の本会場とパブリックビューイング会場をインタラクティブにつないで、2元中継のようなことも試みました。従来の構成では、それぞれの会場にいる人同士が中継で会話しようとすると、かなり間が空いて成立しません。でも閉域網なら、会話が成立する程度の遅延で済みます」と影澤氏は説明する。

仙台会場の試遊台スペース、パブリックビューイング会場を閉域網で秋葉原の本会場と接続。少ない遅延で相互の会話もスムーズに
仙台会場の試遊台スペース、パブリックビューイング会場を閉域網で秋葉原の本会場と接続。少ない遅延で相互の会話もスムーズに
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>