「まずい、もう1杯!」のCMで青汁というヒット商品を生んだキューサイ(福岡市)。かつての印象的なセリフに代わり、今や同社の顧客獲得をけん引しているのはAI(人工知能)だ。NTTデータと開発したAIが導き出した構成でテレビショッピングの映像を制作し、電話問い合わせ数を従来比で約3割伸ばした。

機能性表示食品「ひざサポートコラーゲン」のテレビショッピング映像の構成をAIが手掛けた。画像は実際の映像の一部
機能性表示食品「ひざサポートコラーゲン」のテレビショッピング映像の構成をAIが手掛けた。画像は実際の映像の一部

 AIがテレビショッピング映像の制作にかかわった商品は、「ひざサポートコラーゲン」。ひざ関節の曲げ伸ばしが気になる中高年をターゲットとした、機能性表示食品だ。NTTデータ、NTTデータ経営研究所(東京・千代田)と共同で、AIを開発した。過去7年のテレビショッピングの映像データと、放映後の入電件数を教師データとしてAIを学習させている。入電件数が最も多くなるとAIが示した構成で映像を制作したところ、従来の1番目と2番目に成果が高かった映像の平均値と比べて入電件数は27.6%増えた。

 同社がテレビショッピングを開始したのは2002年。かつてはCMで注目を集めつつ、酒店や化粧品店などの代理店を経由して青汁を販売してきたが、新規顧客の獲得を目指すために直販に参入した。当初は順調とは言えなかった。大阪の地上波テレビ局で初めて番組を放映したところ、電話の問い合わせ件数はゼロ。単に製品の良さをアピールするだけでは消費者には届かない、という厳しさを実感することになった。

 映像の改善を続けて、同社は地道な試行錯誤を繰り返した。行き着いたのは、29分の番組を通して、3人の利用者の体験談をドキュメンタリータッチで紹介するスタイルだった。孫を抱っこできるようになりました、仲間とグラウンドゴルフを楽しんでいます――。そうしたストーリーを伝えるなどの工夫を加え、「お買い物を楽しんでもらう」(キューサイ営業統括部通販営業部新規営業課長の松村隆寛氏)ことを目指している。

利用方法の説明のほか、利用者の体験談などでテレビショッピングの映像を構成している
利用方法の説明のほか、利用者の体験談などでテレビショッピングの映像を構成している

 テレビショッピングの開始から2~3年が経過すると、高齢者を中心に注文が徐々に伸びていった。現在は青汁だけでなく、コラーゲンを含む健康食品や化粧品も取り扱っている。ネット上でも販売しているが、顧客の平均年齢は72歳と高いため、電話を通した販売が中心となっている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>