巨大な焙煎機。焙煎したての温かい豆を見せてくれるサービスもあり、コーヒーができるまでを体験できる

高級スタバ・ロースタリー 「キャスク」のデザインにお国柄

2019年04月08日
  • 東京
  • 巨大な焙煎機。焙煎したての温かい豆を見せてくれるサービスもあり、コーヒーができるまでを体験できる
  • 記者発表の風景。写真右から、米スターバックス・カンパニーのチーフ・デザイン・オフィサーのリズ・ミュラー氏、建築家の隈研吾氏、同カンパニー社長兼CEO(最高経営責任者)のケビン・ジョンソン氏、スターバックス コーヒー ジャパンのCEO水口貴文氏、イタリアンベーカリー「プリンチ」創業者のロッコ・プリンチ氏
  • 上海
  • 中国・上海にある店舗の内部とキャスク。2017年12月にオープンした。米シアトルに続き2店舗目になる。天井はそれぞれ形状の異なるパネルを使用し、キャスクには篆刻(てんこく)をモチーフにしたデザインを描いている
  • ミラノ
  • 伊ミラノの店舗の内部とキャスク。18年9月に誕生。インテリアやキャスクに明るい色を採用しているのもミラノという街を象徴しているようだ。キャスクが開くようになっており、裏側にイタリアの赤を表現している
  • ニューヨーク
  • 米ニューヨーク店の内部とキャスク。18年12月にオープン。天井を四角で構成しており、ニューヨークの碁盤目のような街並みをイメージさせる