スターバックスの新型店「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」は、外観を建築家の隈研吾氏が、内部は米スターバックス・カンパニーのチーフ・デザイン・オフィサーであるリズ・ミュラー氏がデザインし、注目を集めている。海外の同型店との違いなど、同店のデザインを分析した。

東京
東京
巨大なキャスクは約17メートルと店舗の1階から4階まで達している。「桜の花びら」が施され、春に目黒川を舞う桜のイメージを持たせた。天井は「折り紙」をモチーフにしているという

 スターバックス リザーブ ロースタリー 東京では100種類以上の限定コーヒーやティー、グッズ類などを発売する他、イタリアンベーカリー「プリンチ」の商品も販売する。店内にバーカウンターもあり、アルコール飲料も提供する。さらに「AMU TOKYO」と呼ぶイベントスペースも設けた(関連記事「日本初! 話題の“スタバ高級店”は、なぜ駅から離れているのか」)。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>