モリタ宮田工業が「防災をライフスタイルに。」をコンセプト に、「+maffs」(マフス)と呼ぶブランドを2019年1月に立ち上げ、同ブランド初の商品としてキッチンに設置したときのデザイン性を重視した家庭用消火器「+ 住宅用消火器」を発売した。防災ブランドという新しい打ち出し方に挑戦している。

モリタ宮田工業は家庭用を狙った新しいデザインの消火器を発売した。マットな白と黒を基調にしている
モリタ宮田工業は家庭用を狙った新しいデザインの消火器を発売した。マットな白と黒を基調にしている

 デザイン性に優れた商品を扱う販売店として知られる東京・二子玉川にある蔦屋家電。中に入るとさまざまな家電が生活者のライフスタイルを考えたレイアウトで設置されている。その中で、マットな白や黒といった最近のおしゃれな家電のような色使いを持ち、まるでキッチンに溶け込むような機器がある。をよく見ると小型の消火器だ。キッチンに置いても、家電のような感覚を出しており、違和感がない。これが消防車などで高いシェアを誇るモリタホールディングスの関連企業、モリタ宮田工業が開発した新しい家庭用消火器「+ 住宅用消火器」だ。19年1月16日に発表し、まずは東京・世田谷の「二子玉川 蔦屋家電」と大阪市の「梅田 蔦屋書店」で2月14日までの期間限定で先行販売した。

 モリタ宮田工業は「防災をライフスタイルに。」をコンセプトに新しいブランドとして「+maffs」を19年1月を立ち上げており、+ 住宅用消火器はその第1弾になる。一般的な消火器は赤にすることで目立つデザインにしているが、今回の家庭用消火器はキッチンになじむ色を採用。周囲とのデザイン的なバランスに配慮することで、気軽に置くことができるようにした。初期消火の重要性は分かっていても、赤い消火器のままではキッチンでは目立ち過ぎるが、マットな白や黒といった家電のような色合いなら、おしゃれな印象にしやすい。ブランド初の商品として蔦屋家電や蔦屋書店を販売ルートに選択した理由も、家庭用消火器をライフスタイルに調和させるためだ。価格は1万円(税別)。

 128年にわたって防災設備や消火器などを主に開発してきた歴史が、モリタ宮田工業にはある。公共施設や集合住宅などでは業務用として赤い色の消火器が当たり前だが、家庭用消火器は外観の色規制がないため、他社にはキャラクターがプリントされた商品もある。モリタ宮田工業も「キッチンアイ」の名称で「エメラルドグリーン」といった色の消火器を以前から発売している。今回の+ 住宅用消火器では、キッチンアイと同じ仕様で外観の色をマットな白や黒に変えた他、マフスという防災用のブランドを新たに立ち上げた。商品だけを売るのではなく、防災に根差したライフスタイル全体を訴求するためだ。そこでデザインを刷新したり、販売ルートを見直したりした。蔦屋家電では商品を並べるだけでなく、親子を集めたワークショップも開催して、防災に対する意識を高めた。

 「“防災をライフスタイルに。” をコンセプトに掲げたのは、今までの防災には恐怖や不安といったネガティブなイメージがあったから。重要性を感じても積極的になれない人が多かったかもしれない。そうしたイメージをポジティブに変え、家事や育児、料理といった普段のライフスタイルの中に自然と防災の考え方が入り込むようにした。デザインを見直し、防災の商品を違和感なく生活の一部に取り入れることができれば、今までより安心して暮らすことができるはずだ。防災機器の普及こそが当社の使命であるため、新たなブランドの立ち上げに挑戦した。今後は消火器だけでなく、新たな商品も打ち出していく」(新規事業開発課の北里憲課長)。

(左)白い消火器をキッチンに置いたところ。周囲と調和して違和感がない。(右)赤い消火器をキッチンに置いたイメージ画像。目立つ色だが派手な印象でキッチンになじまない
(左)白い消火器をキッチンに置いたところ。周囲と調和して違和感がない。(右)赤い消火器をキッチンに置いたイメージ画像。目立つ色だが派手な印象でキッチンになじまない
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>