キリンビバレッジの「キリンレモン」が絶好調だ。2018年4月、発売90周年を機にリニューアル。販売目標は次々に上方修正され、18年1~8月の販売実績は前年同期比でおよそ2倍となった。この好調の理由は何だろうか。

高校生と共同開発した前のパッケージは、ブルーとイエローでボトル全体を覆うポップなデザインだった。新しいデザインは90年前のガラス瓶を参考に、透明感を強調した「懐かしいのに新しい」デザインとした
高校生と共同開発した前のパッケージは、ブルーとイエローでボトル全体を覆うポップなデザインだった。新しいデザインは90年前のガラス瓶を参考に、透明感を強調した「懐かしいのに新しい」デザインとした

 キリンレモンのリニューアル当初、販売目標は年間360万ケースだったが、早々に目標を達成しそうな勢いとなり、2018年7月には目標を500万ケースに上方修正。さらに10月には再度、600万ケースに上方修正した。

 「90周年というのは、会社にとってはリニューアルの大きな節目だが、お客さんにとっては、あまり意味はない。社内にもリニューアルには慎重な意見があった」と、マーケティング本部マーケティング部商品担当デザイナーの青木佳菜子主任は打ち明ける。キリンレモンはロングセラーブランドだけに知名度は高い。特に広告やプロモーションを打たなくても、一定の数量は確実に売れる安定したブランドだ。リニューアルに失敗すれば、固定客を失うと危惧する声もあった。

サイズバリエーションはペットボトルが450ミリリットルと1.5リットル、缶が190、350、500ミリリットルの計5種類。中央の「聖獣」マークは、キリングループの最も重要なブランドシンボルであり、ビール系飲料以外ではほとんど使っていない。キリンレモンは同グループの清涼飲料水事業の原点であり、特別な存在として使うことを許された
サイズバリエーションはペットボトルが450ミリリットルと1.5リットル、缶が190、350、500ミリリットルの計5種類。中央の「聖獣」マークは、キリングループの最も重要なブランドシンボルであり、ビール系飲料以外ではほとんど使っていない。キリンレモンは同グループの清涼飲料水事業の原点であり、特別な存在として使うことを許された