“泊まれる本屋”をコンセプトに、東京、京都、福岡に5店舗を展開するホステル「BOOK AND BED TOKYO」の新店舗が2018年12月13日、大阪・心斎橋に開業した。

大阪・心斎橋にオープンした「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店」。客室を兼ねた白い本棚とピラミッド型の巨大な本棚が印象的
大阪・心斎橋にオープンした「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店」。客室を兼ねた白い本棚とピラミッド型の巨大な本棚が印象的

 15年11月、東京・池袋に1号店を開業するやいなや、東京の新しいカルチャーとして国内外から注目を浴びた同ホステル。米誌「ナショナルジオグラフィック」でも、その独特のコンセプトから、世界のユニークな宿泊施設の1つとして紹介された。

 池袋に続き、京都、福岡、浅草、新宿、心斎橋と、3年間で6店舗の直営店を出店。驚異の出店スピードもさることながら、いずれの店舗も稼働率8~9割と高水準を維持している。その特徴は、小説からコミックまで幅広いジャンルの本が並ぶ図書館のような空間に、簡易宿泊設備を備えていること。本棚の中に埋め込まれたベッドの中で好きな本を思う存分読め、眠くなったらそのまま寝てしまえるという、読書好きにはたまらなく心地良い空間なのだ。

 しかも、店内のパブリックスペースでは深夜でも自由に会話ができ、他の客から注意されることもない。「本を読んでもいいし、読書する習慣のない人は友達やスタッフと会話を楽しんでもいい。なかには旅先で撮った写真を客同士で見せ合ったりしている人たちもいて、自然とコミュニティーが醸成されている」。こう話すのは、同ホステルを運営するアトリエブックアンドベッド(東京・品川) ディレクターの力丸聡氏。不動産会社アールストア(同)の新規事業として同ホステルを立ち上げた生みの親でもある。

 客同士やスタッフとのゆるい関係性によって情報がSNSで拡散され、さらに人が集まってくる。こうした好循環が稼働率を上げている。力丸氏によると、その中心顧客であり、収益を支えているのが、20~30代の若い女性客だという。

本棚の中にベッドが埋め込まれ、まるで本棚の中で眠るような構造。心斎橋店の客室は47床で、2人での宿泊が可能なダブルとスーペリアルームも用意
本棚の中にベッドが埋め込まれ、まるで本棚の中で眠るような構造。心斎橋店の客室は47床で、2人での宿泊が可能なダブルとスーペリアルームも用意
中央のロビーで読書をしたり、客同士で会話を楽しんだり、交流を図れるのも魅力の1つ。一人静かに読書をする客もいれば、深夜まで話し込む客もいて、滞在中は自由に過ごせる。デイタイムのラウンジスペース利用も可能
中央のロビーで読書をしたり、客同士で会話を楽しんだり、交流を図れるのも魅力の1つ。一人静かに読書をする客もいれば、深夜まで話し込む客もいて、滞在中は自由に過ごせる。デイタイムのラウンジスペース利用も可能
アトリエブックアンドベッド ディレクターの力丸聡氏。大学時代から広告代理店でクリエイティブに携わり、海外でPR会社を立ち上げた経験を持つ。アールストアではブランディングや新規事業を担当。BOOK AND BED TOKYOのディレクターとして開発から運営までを指揮
アトリエブックアンドベッド ディレクターの力丸聡氏。大学時代から広告代理店でクリエイティブに携わり、海外でPR会社を立ち上げた経験を持つ。アールストアではブランディングや新規事業を担当。BOOK AND BED TOKYOのディレクターとして開発から運営までを指揮