スタイリッシュな店舗デザインは心斎橋店が初めて

 地下鉄御堂筋線心斎橋駅から徒歩1分。心斎橋店はコストパフォーマンスの高いレストランで有名な「俺のビストロ」が入るビルの3階にある。エレベーターを降りるとすぐにカフェスペースがあり、奥の扉の向こう側に宿泊ゾーンが広がっている。

 内装デザインは家具から超高層建築まで手がける「インテンショナリーズ」、ブックセレクトは本のある暮らしを提案する本のセレクトショップ「シブヤ パブリッシング&ブックセラーズ(SPBS)」、グラフィックデザインを「ソーダデザイン」が担当。カフェのメニューは、今回初めて、京都・裏寺町の人気サワー専門店「サワー」と共同開発した。

 これまではストリートをテーマに、木のぬくもりを表現した内装デザインが特徴だったが、心斎橋店では大きく変更。白を基調にしたモノクロの世界でスタイリッシュなイメージを表現した。「常に驚きを提供することもブランドのアイデンティティーになっている」と力丸氏は話す。パブリックスペースのど真ん中には、巨大なピラミッド型本棚を配置。ピラミッドのどの場所に座って読書してもOKで、テッペンからの眺めも最高だ。

 本棚の中に埋め込まれたベッドは47床あり、シングル40室、ダブル6室、スーペリアルーム1室で構成。空調器を各部屋に設置した他、初めて窓のある部屋を設け、居住空間としての質の向上にも取り組んでいる。

 蔵書数は現在約2100冊。普段、本を読まない人でも楽しめるよう幅広いジャンルで選書しているのが特徴だ。話題書や写真集も多く、「タイトルや著者を知らなくても、本との偶然の出会いを体験してもらうことを重視している」(力丸氏)。

 オープン以降、平日でも行列のできる人気店となったのが、併設するカフェ「by BOOK AND BED TOKYO」だ。浅草店、新宿店に次ぐ3店舗目。クロをテーマにしたメニューはいずれもSNS映えするもので、味に対する評価も高い。

 心斎橋への出店については「コンサバティブなイメージの梅田に対して、心斎橋はミックスカルチャーの街。周辺はインバウンド客が目立つが、地元客と観光客をバランスよく取れる街だと思う」と力丸氏。都心部の駅近を中心とした出店戦略を進めており、梅田にも出店する予定だ。ただし、マーケットリサーチよりも街や物件のイメージを重視する姿勢は変わらないという。

 「寝床以外で非日常を楽しんでもらい、顧客に眠りたくないと思わせる」――。宿泊施設としては逆説的な発想で地元客まで引きつけるBOOK AND BED TOKYOの戦略は、多様化する宿泊施設市場に新たなヒントを与えそうだ。

宿泊者以外も利用できるカフェスペースは早くも人気のスポットに。大阪未上陸の「Coffee Supreme」の豆を使用したコーヒーも好評。営業時間は11~20時。フリーWi-Fiと電源も完備されている
宿泊者以外も利用できるカフェスペースは早くも人気のスポットに。大阪未上陸の「Coffee Supreme」の豆を使用したコーヒーも好評。営業時間は11~20時。フリーWi-Fiと電源も完備されている
カフェのメニューは黒をテーマに開発。「ブラックラテ」「ブラックコーヒーゼリーミルク」などのレギュラーメニューに加え、心斎橋店限定フードも提供。こぼれるブラックラテとこぼれるブラックフルーツサンドは、フレッシュフルーツをぜいたくに使ったサワーが人気の「サワー」と共同開発した
カフェのメニューは黒をテーマに開発。「ブラックラテ」「ブラックコーヒーゼリーミルク」などのレギュラーメニューに加え、心斎橋店限定フードも提供。こぼれるブラックラテとこぼれるブラックフルーツサンドは、フレッシュフルーツをぜいたくに使ったサワーが人気の「サワー」と共同開発した
パジャマブランド「NOWHAW」とコラボしたパジャマやマグカップ、フレグランスなど、BOOK AND BED TOKYOのオリジナルグッズも販売
パジャマブランド「NOWHAW」とコラボしたパジャマやマグカップ、フレグランスなど、BOOK AND BED TOKYOのオリジナルグッズも販売
窓ありのシングルルーム。電源、ブックライト、Wi-Fiを完備するほか、スリッパ、ハンガー、貴重品ロッカーも備える。シングル1泊5200円、ダブル1泊8400円、スーペリアルーム1泊1万2000円
窓ありのシングルルーム。電源、ブックライト、Wi-Fiを完備するほか、スリッパ、ハンガー、貴重品ロッカーも備える。シングル1泊5200円、ダブル1泊8400円、スーペリアルーム1泊1万2000円
心斎橋店にはバルコニーがあり、外の景色を眺めながらリラックスした時間を過ごせる。夜にはネオン街を背景にスマホで撮影したりするのも楽しい
心斎橋店にはバルコニーがあり、外の景色を眺めながらリラックスした時間を過ごせる。夜にはネオン街を背景にスマホで撮影したりするのも楽しい
24時間利用可能な共同のシャワー、トイレ、洗面所。ドアノブの下げ札で男女を確認してから利用する
24時間利用可能な共同のシャワー、トイレ、洗面所。ドアノブの下げ札で男女を確認してから利用する