2019年は流通小売業界のIT、AI(人工知能)活用が一気に進む──そうした予感が強まる取り組みが、セブン-イレブン・ジャパンやトライアルカンパニー(福岡市)から相次いでお披露目された。人手不足という切迫した社会課題の解決へ、業界こぞってIT、AIによる省人化へ大きな投資がされそうだ。

トライアルカンパニー(福岡市)は2018年12月13日から夜間無人店舗の運営を始めた
トライアルカンパニー(福岡市)は2018年12月13日から夜間無人店舗の運営を始めた

 セブン-イレブンは2018年12月17日、画像解析技術を活用して“顔パス”で決済できる新業態の運営を、NECの東京・三田国際ビルオフィスの20階で開始。ディスカウントストア大手のトライアルカンパニー(福岡市)は18年12月13日に、夜間の完全無人化を実現した「トライアル Quick大野城店」の営業を福岡県大野城市で始めた。

 セブン-イレブンの新業態には顔認証を活用したセルフレジや、AIがデータを解析して発注商品を提案する需要予測システムなどの新技術が取り入れられている。常駐する従業員はわずか1人。セルフレジの使用方法の案内や商品の補充、商品発注が主な業務となる。最少人数でも運営できる新業態の試験運用となる。

 同店はセブン-イレブンが推進する「マイクロマーケット」戦略の一環と位置付けている。マイクロマーケットとはオフィスや大学、病院内といった小商圏を指す。セブン-イレブンは自動販売機型店舗も含め、そうした施設の一角への出店を加速させている。店舗を施設内に設置することで、さらに「近くて便利」な企業コンセプトを推し進め、市場シェアの拡大を狙う。「当社のビルの7階にも、高階層の従業員向け店舗を14年12月に開設した。1階の従来店と合算した売り上げを指数化すると、17年度は14年度と比較して1.6倍になった」(セブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長)。

 NEC三田国際ビル20階店はこれと同様の取り組みだ。入店にはNECの社員証が必要になる。三田国際ビル20階店の売り場面積は約26平方メートルで、通常店舗のおよそ6分の1程度。取扱商品数は約400で同7分の1以下だが、NECの社員ならわざわざ最下層まで降りる必要がなく買い物ができる。

セブン-イレブン・ジャパンが18年12月17日に三田国際ビル20階にオープンした省人店舗
セブン-イレブン・ジャパンが18年12月17日に三田国際ビル20階にオープンした省人店舗

 三田国際ビルの地下1階には「セブン-イレブン三田国際ビル店」が既に入居しているが、1日の来店客数は延べ4000人に上り非常に多いという。昼食時にはセルフサービス型の電子レンジに長蛇の列ができてしまう。そこで、利用を分散化させる狙いで高階層で働く従業員向けに開設した。さらにNEC社員だけが利用する限定的なシチュエーションである特徴を生かし、NECと共同で新技術を取り入れた新業態として開発した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>