カネボウ化粧品の子会社エキップ(東京・品川)は、化粧品ブランド「SUQQU(スック)」の店舗で、動画撮影ができるデジタルミラーを設置した。顔マッサージの指導を受ける様子を、顧客のスマホに送り、SNS拡散を狙う。2018年内の予約が数分で埋まる大反響を得ている。

エキップは、化粧品ブランド「SUQQU(スック)」の店舗でデジタルミラーを導入した。スタッフの指導を受けながら、顔のマッサージをする様子を撮影し、動画をスマホに送信できる
エキップは、化粧品ブランド「SUQQU(スック)」の店舗でデジタルミラーを導入した。スタッフの指導を受けながら、顔のマッサージをする様子を撮影し、動画をスマホに送信できる

 国内外の買い物客が訪れる東京・銀座の商業施設「ギンザシックス」の地下1階。豪勢な装飾を施し、最新の製品を並べた化粧品メーカーの店舗がいくつも並ぶ。

 2018年12月上旬、この店舗に東京都在住で45歳の女性会社員が訪れた。マッサージクリーム、メーク落とし、美容液、保湿クリーム、ファンデーション、口紅と、化粧品のほとんどをスックの製品でそろえる固定ファンだ。「マッサージ歴はもう5年。改めて自己流になっていないかチェックをしたかったんです」。

 店員からデジタルミラーの話を聞き、それなら試してみたいと、レッスンを受けた。今までは紙の手順表を見ていたが「自分のスマホで、しかも自分の顔で動画が確認できて正確なマッサージができるのがいいですね」と女性は評価する。

独自の顔筋マッサージをレッスン

 エキップは花王グループのカネボウ化粧品の全額出資子会社で、03年から大人の女性をターゲットとした化粧品ブランドのスックを展開している。ブランド創設以来の主力製品は「マスキュレイト マッサージ&マスククリーム」。価格は100グラムで6000円(税別、以下同)、200グラムで1万円。マッサージをする際の指どまりが良く、肌にうるおいを与えるクリームとして定評がある。

 このクリームの効果を高めるために、スックは独自の「顔筋マッサージ」を推奨してきた。映画界で活躍したメーキャップアーティストの故・田中宥久子さんがスックの初代クリエイターとして考案したものだ。額部、目の周り、口元、頬、フェイスラインなどマッサージは9種類。例えば、額部であれば、指の第一関節を使って眉毛の上の部分を数回に分けて押していく。従来はこのマッサージ手法を記載した紙を顧客に配布してきた。

 紙では微妙な位置などマッサージの手法を伝えきれない。そこでスックの店舗ではスタッフによる顔筋マッサージのレッスンを提供してきた。レッスンは無料で、メークオフからマッサージ、スキンケア、メークの手法まで1時間余りをかけて指南する。ただ、「レッスンを受けたときは効果を実感できるが、自宅では次第に自己流になってしまい、あまり効果が感じられなくなってしまう」(エキップSUQQUマーケティング部の夏目麻衣子氏)という課題があった。

スックの主力製品「マスキュレイト マッサージ&マスククリーム」。肌の美しさの土台を築くために、独自の顔筋マッサージをしながら使用することを推奨している
スックの主力製品「マスキュレイト マッサージ&マスククリーム」。肌の美しさの土台を築くために、独自の顔筋マッサージをしながら使用することを推奨している

 そんなときに花王グループのデジタル施策を検討する会議の中で、メモミラボ(米カリフォルニア州)のデジタルミラーが話題となった。メモミラボは、アパレル向けに試着した服の色を画面上で変化させるシミュレーション機能を持つミラーを開発したことで知られる。エキップはこのシミュレーション機能ではなく、メーキャップ用ミラーの録画機能に注目した。主力商品を普及させるためのツールでもある独自の顔筋マッサージと「スマホと動画の相性がいい」(夏目氏)と判断したためだ。

 ミラーの操作は簡単で、レッスンするときに画面下部のマッサージの種類を示すアイコンを店員がタッチするだけ。「どのスタッフも問題なくすぐに使えるようになった」(店舗スタッフでチーフコンサルタントの吉澤勇気氏)と、混乱はなかった。

 マッサージのレッスン後、顧客のスマホに専用アプリをインストールしてもらう。さらにミラーに表示したQRコードを読み取ってもらうと、動画をダウンロードできるようになる。レッスンで使った製品のリンクを表示し、同社のECサイトへ誘導する機能もある。

 マッサージを受けているときに、顧客がスマホのカメラで自撮りするという手もありそうだが「レッスン時には自分の両手でマッサージの練習をしてもらうので、自分で撮影するのは難しい」(吉澤氏)。ミラーのサイズはスマホ画面よりも大きいので、視認性がいいというメリットもある。

 現状では、スックの顧客情報とデジタルミラーのシステムは、ひも付けていない。花王グループのセキュリティー規定で問題がないかを十分に検証したうえで、連携は「将来的に考えていく」(夏目氏)。専用アプリを使ってQRコードを読むという手段でセキュリティーは担保しているが、念のため撮影から3日後にはサーバーから動画を削除する仕組みとしている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>