大阪の老舗オフィス家具メーカー「イトーキ」が、東京・日本橋に本社を移した。ベールを脱いだ新本社は、集中するため、アイデアを出すため、電話をするためと、業務ごとに細かく空間を分けたのが特徴。斬新かつ大胆なレイアウトで、一歩先行く「新時代の働き方」に挑む。

イトーキが東京・日本橋の新本社内に開設した「ITOKI TOKYO XORK(イトーキ・トウキョウ・ゾーク)」
イトーキが東京・日本橋の新本社内に開設した「ITOKI TOKYO XORK(イトーキ・トウキョウ・ゾーク)」

 1890年、大阪・高麗橋に伊藤喜商店として創業。ゼムクリップやホチキス、英文タイプライターの輸入販売に始まり、オフィス家具メーカーへと業容を拡大してきたイトーキが、日本の働き方に一石を投じた。2018年12月3日、東京・日本橋の新本社に「ITOKI TOKYO XORK(イトーキ・トウキョウ・ゾーク)」と題したショールームを開設したのだ。

 場所は、日本橋高島屋の新館が入る「日本橋高島屋三井ビルディング」。イトーキは、完成して間もないこの超高層ビルに、東京都内に分散していた4つの拠点、約800人の社員を集約。オフィスそのものをショールーム化し、「XORK Style(ゾークスタイル)」と名付けた新たな働き方の実践を始めた。

イトーキの新本社が入る日本橋高島屋三井ビルディング
イトーキの新本社が入る日本橋高島屋三井ビルディング

「XORK」に込めた意味

 「XORK」という見慣れない言葉は、いったい何を意味するのか。東京本社移転準備委員会のプロジェクトリーダー藤田浩彰氏は「WORKのWを、1つ次のアルファベットであるXに置き換えた。働き方を次のステージへと進化させるという意味を込めた」と語る。

 その最たる特徴は、業務ごとに仕事場を分ける「シングルタスク」を形にした点にある。社員の業務を10種類に分類し、それぞれに最適な空間を設計した。

 例えば、1人用のスペースとして、外部との接触を遮断した「高集中」がある。この他、「アイデア出し」「情報整理」「知識共有」「電話/WEB会議」の専用スペースをそれぞれ設け、会話しながら作業を進める「コワーク」や「2人作業」「対話」、さらには仕事から離れてリフレッシュする「リチャージ」や、特別な設備を必要とする「専門作業」の空間も確保した。

3人以上でアイデアを出し合うスペース(左)、会話しながら共同作業するのに適した「コワーク」(右)
3人以上でアイデアを出し合うスペース(左)、会話しながら共同作業するのに適した「コワーク」(右)
リフレッシュするためのスペース(左)座禅を組み、心身を整える空間も設けた(右)
リフレッシュするためのスペース(左)座禅を組み、心身を整える空間も設けた(右)

 全てを足し合わせると、93もの個室があり、800人というオフィス人口を考慮しても、極めて多い。思い切ったレイアウトは、世界基準になり始めている、ある1つの考え方に基づいて生まれた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>