江戸情緒が薫る商業施設「コレド室町」。三井不動産は2010~14年にかけて3棟を開業し、日本橋を休日もにぎわうエリアに再生した

三井不が主導する「日本橋再生」 東京の新たな核に

2018年11月28日
  • 江戸情緒が薫る商業施設「コレド室町」。三井不動産は2010~14年にかけて3棟を開業し、日本橋を休日もにぎわうエリアに再生した
  • 「コレド室町」の隣には9世紀に創建されたと伝わる福徳神社を再興。憩いの場としてよみがった(写真/古立康三)
  • コレド室町のはす向かいには19年秋、新たな商業施設「コレド室町テラス」を開業する(上)。屋根付きの大広場を設け、積極的にイベントを展開(中)。2階には台湾の進化系書店「誠品生活」(写真は台中中友店)が日本初上陸(下)。日本橋の“サードプレイス”として重宝されそうだ
  • 日本橋川を覆い隠している首都高速道路が地下に移設され、橋の上に青空が広がる。水辺を生かした景観整備が進み、春には川沿いが桜の名所になる(画像提供/日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会)