ヤマハとヤマハ発動機は2018年10月、東京・六本木ヒルズ大屋根プラザで合同デザイン展「Yamaha Design Exhibition 2018 “Tracks”」を開催した。「Tracks」をテーマに、両社のデザイン部門が共同でコンセプトモデルを制作するプロジェクト「&Y(アンディ)」の第3弾も披露した。

「&Y03 eMotion Tracks」は来場者が自由に触って音を出すことができる
「&Y03 eMotion Tracks」は来場者が自由に触って音を出すことができる

 両社はこれまでも、同じ「ヤマハ」ブランドの企業としてデザインを共通テーマにさまざまな活動を行ってきた。なかでも両社のデザイン部門が共同でコンセプトモデルを制作するプロジェクト「&Y(アンディ)」はシリーズ化されており、音を奏でる電動アシストの車椅子「&Y01」や乗り物を体感できる音響装置「&Y02」に発展。国内外のイベントなどで注目を集めてきた。