誰もが使える「3D交通」に期待

 では、スカイドライブのような空飛ぶクルマが生み出す新たな移動サービスはどんなものか。福澤氏は「楽しさ」と「生産性」という2つのキーワードを挙げる。前者は文字通り、空を飛ぶ体験が日常化する楽しさである。スカイドライブが普及すれば、飛行機やヘリコプターより気軽に、そして割安に空を飛べるようになるだろう。観光地での活用はもちろんのこと、街中で実現されるならタクシーや高速バス、新幹線などを補完するものになるかもしれない。これまでクルマや鉄道を使って「2D(平面)」を移動してきた人々が、空飛ぶクルマによる新たな「3D交通サービス」に引かれる世界は想像に難くない。他にも、救急ヘリコプターの代わりとなって低コストで柔軟な運用が可能な“空飛ぶ救急車”、あるいは災害時の移動手段として、または離島への輸送を担うなど、社会的な期待も大きい。

 後者のキーワード・生産性とは、従来の交通手段で遠回りを強いられていた、あるいは渋滞などで時間を浪費していた2拠点間の移動が、空飛ぶクルマの導入によってスムーズに行えるようになるということ。例えば、東京湾周辺の飛行ルートや、関西国際空港から神戸空港を結ぶルートなど、当初は住宅地の真上を通らず海上を渡るプランが計画されている。他にも空港や新幹線の駅から移動時間がさらに1時間以上かかるような観光地など、ルートの設定次第で新たな移動需要を生み出し、地域の活性化に役立てられる。もちろん、先述したビルの屋上の有効活用に加え、今後クルマの所有から利用への流れが進むにつれて既存の駐車場スペースが“空き地化”していくことを考えると、街中でも空飛ぶクルマの離着陸場所を確保することは可能で、いずれ浸透していくだろう。

 世界的な開発競争の幕が開け、日本でも早期実現に向けて取り組みが本格化している空飛ぶクルマ。まだ法規制や安全面の技術開発、管制システムの整備、そもそもの社会受容性など、高いハードルがいくつも残っているのは事実だが、既にさいは投げられた。カーティベーターは海外市場も視野に入れて展開を進めており、和製の空飛ぶクルマが世界のビッグプレーヤーに伍(ご)する存在に成長するか、期待したい。

東京五輪で聖火点灯!? 空飛ぶクルマが変える交通の未来
SkyDriveの福澤知浩氏が日経クロストレンド EXPO 2018に登壇
有志団体CARTIVATOR共同代表、SkyDrive代表取締役の福澤知浩氏
有志団体CARTIVATOR共同代表、SkyDrive代表取締役の福澤知浩氏
2020年の東京五輪の開会式で日本発の空飛ぶクルマのデモフライトを実現するため、日々開発を行う有志団体CARTIVATOR。そのメンバーから生まれた株式会社SkyDriveの活動紹介。「空飛ぶクルマ」とはなにか? キーテクノロジーと世界の市場、社会への提供価値、どのような活用方法があるのか? トヨタグループから支援を受けるなど、これまでの活動の歩み、開発を進める機体の特徴やロードマップ、今後の課題について解説する。

日時 11月28日(水) 10:00~10:50
会場 東京国際フォーラム(東京・有楽町)
入場無料。申し込みはこちら