2020年の家電はどう進化するのか。それを占ううえで格好の事例がある。パナソニックが18年11月2日にお披露目した「HomeX」だ。東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催された同社の創業100周年記念イベントで初めて公開した。AI(人工知能)などを駆使し「日々、新鮮な驚きがある暮らし」を提供することを目指すという。

東京・駒沢の住宅展示場「駒沢公園ハウジングギャラリー」にあるパナソニック ホームズの住宅「カサート アーバン」は「HomeX」を搭載する住宅
東京・駒沢の住宅展示場「駒沢公園ハウジングギャラリー」にあるパナソニック ホームズの住宅「カサート アーバン」は「HomeX」を搭載する住宅

 HomeXはテレビや冷蔵庫、エアコンといった家電に分類されるものではなく、IoTやクラウド技術、AI(人工知能)と連動した「くらしの統合プラットフォーム」だと、パナソニックは位置付けている。壁に取り付けた「HomeX Display」のタッチパネルで、HomeXに対応するさまざまな家電や住宅設備機器を操作したり、料理のレシピといった生活情報を表示したりする機能を備える。

 東京・駒沢の住宅展示場「駒沢公園ハウジングギャラリー」にあるパナソニック ホームズの住宅「カサート アーバン」にはHomeXが導入されており、リビングやキッチン、寝室、玄関など各スペースに1台ずつ、HomeX Displayを設置している。

 現在はプロトタイプの段階で、実際にHomeXが稼働するのは19年春以降になるもようだが、受注自体は18年11月3日から始まった。20年になればHomeXに対応する家電も続々と登場する見込み。パナソニックは社外にもHomeXの導入を呼び掛けており、既に国内外の数社が賛同の意を示しているという。HomeX向けのAPIも200種類以上を用意しており、他社の家電とも接続できる。「もはや1社だけで取り組む時代ではないし、これだけのことを実現できるメーカーも世界にそう多くはない」と開発を手掛けたパナソニック ビジネスイノベーション本部の馬場渉本部長は言う。

 HomeXは、他社の住宅やマンション、中古物件にも設置できる。今後は複数メーカーの機器がHomeXから操作できるようになるとのことなので、より注目が集まりそうだ。

「HomeX Display」はタッチパネル式で、各部屋に設置して使う。いずれもドアホンや照明、空調などを操作でき、「おでかけ」モードなど多彩な機能を装備
「HomeX Display」はタッチパネル式で、各部屋に設置して使う。いずれもドアホンや照明、空調などを操作でき、「おでかけ」モードなど多彩な機能を装備
玄関脇に設置している「HomeX Display」。画面が天候情報などを伝えることも
玄関脇に設置している「HomeX Display」。画面が天候情報などを伝えることも
「HomeX Display」をキッチンに設置したイメージ。レシピなどの情報を表示し、レンジなどと連動させることが可能
「HomeX Display」をキッチンに設置したイメージ。レシピなどの情報を表示し、レンジなどと連動させることが可能