無印良品を展開する良品計画の2020年に向けた店舗戦略の一端が明らかになった。 従来の物販店舗に、ホテルやコワーキングスペース、農産物販売など+αの機能やサービスを組み合わせた新しいタイプの店舗開発を拡大する考えだ。

2019年4月、東京・銀座にオープンする「MUJI HOTEL GINZA」。良品計画は、コンセプトの立案と内装デザイン監修を担当し、建築設計会社のUDS(東京・渋谷)が企画、内装設計、運営および経営を手掛ける。18年6月に中国・北京に開業した「MUJI HOTEL BEIJING」の企画、内装設計、運営もUDSによるもの
2019年4月、東京・銀座にオープンする「MUJI HOTEL GINZA」。良品計画は、コンセプトの立案と内装デザイン監修を担当し、建築設計会社のUDS(東京・渋谷)が企画、内装設計、運営および経営を手掛ける。18年6月に中国・北京に開業した「MUJI HOTEL BEIJING」の企画、内装設計、運営もUDSによるもの

 良品計画は、19年4月、東京・銀座にホテル「MUJI HOTEL GINZA」を開業する。同ホテルも同社が進める「店舗+α」の出店戦略の一環だ。読売新聞東京本社と三井不動産が銀座3丁目に開発する複合ビルの地下1階から6階に世界旗艦店「無印良品 銀座」を出店。店舗の上の10階までを全79室のホテルとする。ホテルのレストランとフロントは6階にあり、店舗とホテルを空間的に連続させて、客を無印良品の世界にいざなうよう演出している。

 ホテル内では、家具、家電、アメニティーなど自社商品をふんだんに使い、無印良品が提案する生活スタイルを表現する。そうした商品群を通して無印良品の魅力を体感した宿泊客が、そのまま下の店舗で商品を購入するという仕掛けだ。

 同社は、今回のホテル開業に合わせて、ホテル仕様のタオルを開発。それを一般向けにアレンジして発売する計画もある。ホテル運営によって得た知見を今後も商品開発に生かしていく。

 こうした「店舗+ホテル」という業態を世界各地で展開する。すでに、中国の北京と深センで、MUJI HOTELをオープンさせている。特に最初に立ち上げた深センでは、この業態の可能性に手応えを感じているようだ。同地域は開発が急速に進むエリアだが、「従来の店舗だけでは出店が難しい立地だった」と同社の執行役員でソーシャルグッド事業部長の生明弘好氏は説明する。それでも、店舗とホテルを組み合わせることで、「物販の業績は好調で、ホテルの予約も取りづらい状況」(生明氏)を作り出している。

 欧州や米国の現地企業からもMUJI HOTELの出店オファーが入っており、現在、実現性を検証している段階だという。20年に向けてMUJI HOTELが世界各地に広がる可能性は高そうだ。