体重計のタニタ、「タニタ食堂」のタニタ、Twitterのタニタ──。タニタと聞いて思い浮かぶのは人それぞれのようだ。2020年以降は、そこに健康プログラムのタニタが加わりそうだ。タニタ子会社が産学連携で健康プラットフォームを構築し、楽しみながら健康になれるプログラムを提供する。

「タニタ食堂」に続いて「タニタカフェ」も出店したタニタの次の展開は?
「タニタ食堂」に続いて「タニタカフェ」も出店したタニタの次の展開は?

 「タニタって食堂の他に体重計も出してるのね」。タニタ(東京・板橋)ブランディング推進部広報課課長の冨増俊介氏は、「近年、こんな反応がしばしばある」と苦笑する。

 タニタは1959年からヘルスメーター(体重計)の製造を開始し、体脂肪計、体組成計を世に送り出してきた計量器のトップブランド。ただ、体重計は一度購入すればしばらく買い換えないだけに、自宅の体重計がどこのメーカーか、即答できる人は意外と少ない。近年のタニタは、大ヒットしたレシピ本『体脂肪計タニタの社員食堂』と、それをきっかけに出店した「タニタ食堂」「タニタカフェ」、森永乳業とコラボした「タニタ食堂監修のデザート」、マルコメとコラボした「丸の内タニタ食堂監修の減塩みそ」などが目立つこともあって、外食、食品のブランドとして一部消費者には映っている格好だ。

 では2020年以降のタニタはどんな会社になっているのか? 「健康プログラムを出してる会社でしょ?」と言われているかもしれない。それを予感させる記者会見が18年9月末にあった。子会社のタニタヘルスリンク(東京・文京)が、パートナー企業4社と共に健康・健診情報を集約した健康プラットフォームを構築し、一人ひとりに合わせた行動変容を促す健康サービスを提供する、というものだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>