日野自動車は、IoTデータを活用してバスやトラックが搭載するディーゼルエンジンの異常を、機械学習アルゴリズムによって予測する取り組みを開始した。車両1台1台の使われ方に合わせた「トータルサポート」の提供に結びつけて、顧客満足度の向上に役立てたい考えだ。

大型トラック「日野プロフィア」
大型トラック「日野プロフィア」

 国内ではバスやトラックのメーカーとして知られている日野自動車は、ICTを活用した顧客サービス「HINO CONNECT」の提供を2018年4月に開始した。HINO CONNECTでは、対応したバスやトラックに搭載した通信端末を使って、ドライバーへの各種情報提供や緊急時の車両位置特定、運行管理者への車両状態の通知など、情報のやり取りを実現する。そうした基盤の上で日野自動車は、IoTデータを活用してバスやトラックが搭載するディーゼルエンジンの異常を予測する取り組みを開始した。

 米テラデータが開催したプライベートイベント「Teradata Analytics Universe 2018」(18年10月14~18日、米ネバダ州ラスベガスで開催)の講演で明らかにした。

 日野自動車は、17年に発売した新型「日野プロフィア」「日野レンジャー」と、同年に改良を加えて発売した大型観光バス「日野セレガ」に通信端末を搭載し、いわゆる「コネクテッドカー」のサービスの下地を整えてきた。GPSによる位置情報や車載の各種のセンサーから得られる車両IoT情報を、4Gのモバイル通信で収集するものである。

 登壇した日野自動車 情報企画部分析グループの熊崎千晴氏は「『もっと、はたらく トラック・バス』をスローガンとして、トラックやバスを作るだけでなく、IoTやビッグデータを使って新しい価値を社会に届ける会社への変革を目指している。多様化する顧客に対して、効率的に安全で環境意識をもって仕事ができる環境を届けたい」と方向性を語る。

予測で突然のダウンタイムを減らす

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>