東京・銀座にあった旧ソニービルの跡地に「公園」が出現した。ベンチや椅子を多く設置するほか、テイクアウト式の飲食店を複数開き、休憩や待ち合わせ用途で利用する人を集める。ソニーは新しいスタイルのショールームとして、ブランドを訴求する考えだ。

ソニーは、旧ソニービルを2つのステップに分けて改装する。第1ステップのパークは2020年秋まで運営し、その後第2ステップの工事に入り、22年にパークのコンセプトを継承した新ソニービルを竣工する
ソニーは、旧ソニービルを2つのステップに分けて改装する。第1ステップのパークは2020年秋まで運営し、その後第2ステップの工事に入り、22年にパークのコンセプトを継承した新ソニービルを竣工する

 ソニーは、東京・銀座にあった旧ソニービルをリニューアルし、地上部と地下4層からなる「Ginza Sony Park」(以下、パーク)を2018年8月9日にオープンした。