北米では、店舗をショールーム化してオンラインで販売する動きが加速しているのはご存じの通り。その動きの中で、全く新たな価値を消費者とメーカーの双方に提供し、急成長しているのが「Software-based retailer」を標榜するb8ta(ベータ)である。

メイシーズの1階入り口近くに設置されたb8ta
メイシーズの1階入り口近くに設置されたb8ta

 b8taは2015年12月、シリコンバレーに最初の店舗をオープンした。その後、17年に11店舗、18年に80店舗(7月現在)と、店舗数を増やし続けている。その内訳は、路面店が10店舗、ショップ・イン・ショップの形でオープンしている店舗が70店舗である。今年6月には米百貨店大手のメイシーズに一部株式を譲渡し(金額は非公開)、今後メイシーズの店舗内に、「The Market@Macy’s」という、b8taの仕組みを使ったショップ・イン・ショップをオープンさせていく計画もある。大手百貨店が、このように店舗のショールーム化に積極的である理由は、そのb8taの魅力にある。

魅力は集客力とデータ