化学材料を扱う専門商社の長瀬産業は、プラスチック樹脂「Tritan(トライタン)」の販売攻勢をかける。ガラスのように透明で、折れそうで折れない強じん性にサイゼリヤも注目。店内のグラスなどに採用する方針だ。長瀬産業は2018年のトライタンの売り上げを17年の2倍に見込む他、20年には18年の倍増を狙う。そのための秘策が、武蔵野美術大学との共同研究だ。

トライタンで開発した製品例。ガラスのような透明性を持ちながら、強じんで割れにくい。安全性もあり、子供用の製品にも使える
トライタンで開発した製品例。ガラスのような透明性を持ちながら、強じんで割れにくい。安全性もあり、子供用の製品にも使える

 トライタンは米イーストマンケミカルが開発し、07年から長瀬産業が日本代理店として国内で販売してきた製品。ガラスのような透明性を持ちながら、強じんで壊れにくいといった特徴を備える。製品を曲げようと力を込めても、折れそうで折れない点がユニークだ。さらに製造工程で有害な化学物質を使用していないため、安全性も高いという。グラスや皿に加工されたり、キッチン家電やスポーツ飲料用ボトルの一部に採用されたりする他、安全性を重視する哺乳瓶などの幼児用品、医療機器といった幅広い需要がある。