2018年8月、米アマゾン・ドット・コムが提供するスマートスピーカー「Amazon Echo」で読み上げるニュースが、突然滑らかな日本語になった。といっても、Amazon Echoで読み上げられるすべてのニュースというわけではない。Alexaのスキル「ハロー エディオン」のニュースサービスで、AI(人工知能)アナウンサーの「荒木ゆい」による自然な日本語のニュース読み上げが提供されるようになったのだ。

スマートスピーカー「Amazon Echo」は音声コミュニケーションの機会を増やしている
スマートスピーカー「Amazon Echo」は音声コミュニケーションの機会を増やしている

 ハロー エディオンは、全国に家電量販店を展開するエディオンが提供する、アマゾンの音声AIアシスタント「Alexa」に対応したスキル。17年11月に提供を開始し、ニュースや天気、今日の運勢、今日は何の日といった情報を、利用者の好みや住まいの地域、生年月日などに合わせて提供している。そのニュースを、AIサービスなどを手がけるSpectee(東京・新宿)が開発したAIアナウンサー「荒木ゆい」が担当して読むようになった。

「荒木ゆい」とは何者か?

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>