2018年2月期決算が9期ぶりの減収減益に終わり、苦戦が続く衣料品専門店のしまむら。「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングと共に“デフレの勝ち組”といわれ、衣料品専門店では国内2位の座を死守してきた企業だけに、低迷する業績をいかに立て直すのかに注目が集まっている。そんななか、新たな切り札として期待されているのが、寝具・インテリアに特化した専門店だ。

神戸市内にオープンした「しまむら 寝具・インテリア館 Zzz... と 神戸西店」。アベイルに併設する靴の専門店「ディバロ神戸西店」を業態転換した
神戸市内にオープンした「しまむら 寝具・インテリア館 Zzz... と 神戸西店」。アベイルに併設する靴の専門店「ディバロ神戸西店」を業態転換した

開拓余地のある商品部門をスピンオフ

 「主力業態のしまむらで展開しているカテゴリーのなかで、フォーマルやスポーツなど開拓余地のある部門をスピンオフして新業態を開発していく。なかでも取り組みやすかったのが寝具・インテリア部門だった」

 こう語るのは、しまむら 商品7部の柳沢淳一部長だ。同社では婦人衣料を中心に肌着、寝装具、紳士衣料、ベビー・子供服、洋品小物、インテリア、靴を取り扱う。そのうち寝具・インテリアの売り上げ比率は全体の約16%。32%を占める婦人衣料、24%の肌着に次ぐ規模に成長している。

 さらに寝具専門チェーンが市場にほとんどないため、専門店化することで差異化できると考えたという。「うちが得意とするローコストオペレーションと低価格品の圧倒的な品ぞろえで臨めば、競合他社と十分戦えるはず」と柳沢部長。当初は少し不安もあったが、1号店をオープンしてその読みは確信に変わったという。