月額定額で商品やサービスを利用できる「サブスクリプション(定期購入)型コマース」が広がっている。音楽などデジタル系サービスから始まったが、アパレル、クルマなど大手製造、流通業の参入も相次ぐ。そこに大きな商機を見いだしたのが寺田倉庫(東京・品川)だ。シェアリングサービスやサブスクリプション型コマースの構築サービス「FUN」の提供を2018年7月27日に開始した。

寺田倉庫はサブスクリプション型コマースを無料で構築できるサービスを始めた
寺田倉庫はサブスクリプション型コマースを無料で構築できるサービスを始めた

 FUNはショップ名、URLなどを決めた後、商品写真や価格、商品説明などの情報を登録するだけで無料でECサイトを始められるサービス。登録点数に制限はない。BASE(東京・渋谷)やストアーズ・ドット・ジェーピー(東京・渋谷)などの先行企業もあるが、最大のポイントは、レンタルにも対応している点だ。商品の登録時に販売かレンタルを選んで登録する。販売だけではなく月額課金制にも対応していることも特徴の1つ。