通信機能を備えたスマート自転車を月額2500円(税込み。以下同)で貸し出すサービスが登場した。ユーザーは自転車を占有できるので、シェアサイクルのように、駐輪ポートに止める必要はないのが利点。月額料金には、盗難防止や無料メンテナンスなどが含まれる。果たして新しい自転車レンタルサービスは普及するだろうか。

Vanmoof(バンムーフ)のスマート自転車「Smart X」(変速タイプは3段と8段の2種類)。同社は3段変速タイプと8段変速タイプをそれぞれ月額料金2500円、3000円で貸し出す。太いフレームの中に、バッテリーや通信モジュール、照明を組み込こむことで配線や固定用のネジなどが露出しないシンプルなスタイルを実現している。購入する場合の価格は12万円から
Vanmoof(バンムーフ)のスマート自転車「Smart X」(変速タイプは3段と8段の2種類)。同社は3段変速タイプと8段変速タイプをそれぞれ月額料金2500円、3000円で貸し出す。太いフレームの中に、バッテリーや通信モジュール、照明を組み込こむことで配線や固定用のネジなどが露出しないシンプルなスタイルを実現している。購入する場合の価格は12万円から

 2018年4月24日、月額2500円(3段変速タイプ、初期費用3万5000円)で高性能スマート自転車を貸し出すサービスがスタートした。オランダの自転車メーカー、Vanmoof(バンムーフ)の自転車レンタルサービス「VANMOOF+」だ。

 レンタルの対象となる自転車は、「Smart X」「Smart S」。バッテリーを搭載し、通信機能を備えるのが特徴。施錠、解錠には、専用アプリをインストールしたスマートフォンを使う。3段変速と8段変速の2タイプがあり、後者の月額料金は3000円(初期費用は3段変速タイプと同じ)。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>