⽬的地への到達時間をテクノロジーによって短縮しようとする動きが⽶国で活発化している。⽇本航空(JAL)は超⾳速⾶⾏機を⼿掛ける⽶ベンチャーに投資し、サービスへの投⼊を検討する。東京−⽶サンフランシスコ間であれば所要時間がほぼ半分の5時間半となり、新たな時間が生み出されることとなる。顧客サービスとは異なる軸で新たな競争が始まりそうだ。

ブームテクノロジーが開発中の超音速機の飛行イメージ
ブームテクノロジーが開発中の超音速機の飛行イメージ

 JALが投資したのは、⽶ベンチャーのブームテクノロジー(コロラド州デンバー)である。マッハ2以上での⾶⾏が可能な超⾳速⾶⾏機の開発を進めている。現在約11時間の東京−サンフランシスコ間が約5時間30分に短縮できる計算となり、⽇本の成⽥から中国の成都への⾶⾏時間とほぼ同じとなる。成都は中国の内陸部であるものの、隣国に⾏く感覚で太平洋を渡ることができるようになる。

 2017年12月に約11億円(1000万ドル)を出資し、実サービスでの採用の検討を始めている。JALは実用化時に20機まで購入できる権利を獲得しており、定期便を持つ航空輸送の事業者として、技術や仕様で協力したり、プロモーションを支援したりしていく考えだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>