2018年4月17日から22日にかけて、イタリア・ミラノで世界的なデザインイベント「ミラノデザインウィーク2018」、通称「ミラノサローネ」が開催された。ソニーが同イベントに出展したのは5年ぶりだ。ソニーの展示スペース「HIDDEN SENSES」の来場者は2万5000人を超え、今年度のベストプレイフルネス賞にも選ばれるなど高い評価を得た。このHIDDEN SENSESの設計に、初めて本格導入されたのがVR(仮想現実)だ。現地に行かずとも、出展場所の構造をVRで詳細に把握。導線設計や、実装前のデザインの改善などに役立てた。

ソニーはデザインイベント「ミラノデザインウィーク2018」に5年ぶりに出展。展示ブースの設計に初めてVRを活用した
ソニーはデザインイベント「ミラノデザインウィーク2018」に5年ぶりに出展。展示ブースの設計に初めてVRを活用した

 VRの導入以前、ソニーでは展示スペースの設計段階でより多くの商品を展示したい事業部門と、来場者にストレスを与えない設計をしたいデザイン部門とで議論が擦れ違うことは少なくなかった。例えば、事業部門から「テレビを3台並べて展示したい」という要望に対して、「窮屈に見える」「通路を通りづらくなる」とデザイナーが言葉で説明しても伝わりにくい。そのため議論が進みづらいことが課題となっていた。

 ところが、イベント会場に出展する展示スペースや店舗のような空間をデザインする場合、製品のデザインとは異なり、設計段階で実物に近い試作品(モックアップ)は作れない。設計に携わる誰もが空間デザインについて知識を持つわけではなく、平面の設計書やモニターに映した映像では実際の展示ブースの完成像を想像しにくい。実際に施行した段階で課題に気づき、イベント直前になって修正を施すといったことも少なくないだろう。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>