「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営などを手掛けるほぼ日が販売する地球儀「ほぼ日のアースボール」(以下、アースボール)が順調に売り上げを伸ばしている。直径が約27cmの塩化ビニール製で、5940円(税込み)と他社の同様な地球儀よりもやや高めの設定だが、2017年12月に発売して以来、当初の販売計画を上回り、18年4月までに累計で数千のオーダーを超えた万のレベルの個数を出荷した。ほぼ日がネットで販売しているほか、東急ハンズなどの流通ルートでも販売中だ。

「ほぼ日のアースボール」は、AR(拡張現実)と連動することで地球儀の新しい市場を開拓(写真提供:ほぼ日)
「ほぼ日のアースボール」は、AR(拡張現実)と連動することで地球儀の新しい市場を開拓(写真提供:ほぼ日)

 最大の特徴は、専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットをアースボールにかざすと、さまざまなコンテンツがスマホやタブレットの画面上でAR(拡張現実)としてアースボールに重ねて表示される点だ。専用アプリはほぼ日と凸版印刷、クウジット(東京・港)の3社で開発し、コンテンツはさまざまな会社と協力し、制作している。特に、そのうち3つのコンテンツは首都大学東京の渡邉英徳研究室(当時。渡邉氏は18年4月からは東京大学大学院・情報学環教授)と手を組んで制作した。同研究室が研究してきた地理空間分析の技術を盛り込んだコンテンツによって、今までにない表現に仕上がった。

地球のデコボコを実感

 例えば「でこぼこ地球」と呼ぶコンテンツでは、アースボール上に実際の100倍程度に強調した地形を立体的に表現している。標高8000mクラスのヒマラヤ山脈や厚さ3000mの氷に覆われた南極大陸の様子を立体的に理解できる。一般的な地球儀では、地球の表面が意外に「デコボコ」している様子を実感できないだろう。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>