「コード付きのすべての掃除機の開発をやめる」──。2018年3月20日、英ダイソンのコードレス掃除機の新製品「ダイソン サイクロン V10 コードレスクリーナー」(以下、サイクロン V10)の発表会で、驚きの発言があった。それは、創業者でチーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏が発した一言だった。

「ダイソン サイクロン V10 コードレスクリーナー」の発表会に登壇した、創業者でチーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏
「ダイソン サイクロン V10 コードレスクリーナー」の発表会に登壇した、創業者でチーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏

 ダイソンが日本市場向けに開発した掃除機「DC12」(コード有り)を発売したのが2004年。14年を経た今、サイクロン V10の登場で同社の主力商品の掃除機はコードレスになったのだ。背景には、コードレスながら高い吸引力を実現した自社開発のデジタルモーターなど、さまざまな技術革新の歴史がある。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>