全日本空輸(ANA)が、日本政府観光局(JNTO)と共同で、シンガポールからの訪日観光客を増やすキャンペーンを2017年秋に展開し、成果を上げている。ANAのビジネスクラスを利用した客数は、目標の106%に達したという。最大の特色は、シンガポールでInstagramを主に活用する著名な女性インフルエンサーをキャンペーンに起用したことだ。

ANA、現地インフルエンサーを起用し利用客数を106%へ増加(画像)

 起用したインフルエンサーは、キャンペーン期間中に自身のInstagramへの投稿が得たエンゲージメントが目標対比で549%に達するなど、想定以上の影響力を発揮。そのおかげもあって、キャンペーン展開後の一定期間にシンガポールから日本に向けてANAのビジネスクラスを利用した客数は、目標の106%に達したという。「KPI(重要業績評価指標)として設定していた利用実績の目標をクリアし、シンガポールでのANAブランドの価値向上も見込めるため、今後に大きな手応えを得た」と、ANAアジア・オセアニア室 渡邉勝マーケティング&セールス マネジャーは語る。

 キャンペーンの内容はこんな具合だ。インフルエンサーの女性が、実際にシンガポール発日本行きのANAのビジネスクラスに搭乗して訪日し、横浜、鎌倉、山形、仙台を訪ね、全行程にカメラマンが同行してその模様を撮影した。