ネット広告のアドウェイズがECデータ事業の専門会社Nint(ニント、東京・新宿)を分社化し、2018年4月20日に事業を本格的に開始したことが分かった。購買データ分析は小売り店の販売額を集計したPOSデータが現在の主流だが、EC市場の拡大に伴い新たなデータが求められている。そうしたニーズに応える。

ECデータ事業の専門会社Nintを立ち上げるアドウェイズのオフィス
ECデータ事業の専門会社Nintを立ち上げるアドウェイズのオフィス

 アドウェイズのECデータ事業「Nint」は、日本と中国のECモールで本来は非公開の商品別の販売額を推定し、ECモール出店者やメーカー向けに提供する。ネスレ日本、貝印、ジェトロ(日本貿易振興機構)など3万社以上の利用企業を獲得してきた。利用企業は、競合の商品別売り上げや広告施策の分析などに活用している。同社はECデータ事業を2009年に中国で立ち上げ、現在でも日本と中国で前年比30%超のペースで急成長を続けているとみられる。