「SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)」でソニーは、「WOWスタジオ」と銘打ち、テクノロジーを駆使した体験型展示を行った。同社は製品開発やブランディングの面で数年来、実施してきた構造改革によって、新しいものを生み出そうとする社内のモチベーションを高めている。その披露の場がSXSWなのだ。

※前編はこちら
ソニーの「WOWスタジオ」は、コンベンションセンターのすぐ向かいの立地。この中で10件の展示が行われて、まるでテーマパークのような体験型空間となっていた
ソニーの「WOWスタジオ」は、コンベンションセンターのすぐ向かいの立地。この中で10件の展示が行われて、まるでテーマパークのような体験型空間となっていた

 ソニーは「WOWスタジオ」と銘打ち、テクノロジーを利用した10件の展示を行った。すべてが体験型になっており、テーマパークのように楽しめる。例えば、高速ビジョンセンサーやハプティクス(触覚フィードバック)技術を活用したバーチャル画像とリアル感覚が合体するテーブルホッケーがあった。さらにヘッドマウント・プロジェクターによるプロジェクション・マッピング技術を使い、ユーザーの身体と連動して動物や昆虫の知覚世界を追体験できる展示も目を引いた、576個のスピーカーを制御する波面合成技術によって立体的な音響と、まるでその音が見えるように連動する幻想的な映像を体験できる回廊空間などは、ソニーの技術力の高さとそれをエンターテインメント体験として具現化する実力を感じさせた。

 ソニーのブランド戦略部統括部長の森繁樹氏は、「チャレンジする社員の研究成果を見て、ソニーの今を感じてもらいたい」と語る。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>