中国のEC最大手であるアリババ集団(アリババグループ)が、中国の消費者の日本商品に対するニーズの増加に応えるため、日本からの商品の輸入・買い付けにこれまで以上に力を入れる。2018年3月下旬、そのための専門組織「グレート・インポート・センター(Great Import Center:輸入センター)」を設立した。

【特報】アリババ、日本の商品をリアル店でも売る専門組織を設立(画像)

 これまでアリババ集団は、出店先から消費者が商品を買うBtoCのECサイト「天猫(Tモール)」の一部門である越境ECサイト「天猫国際(Tモール・グローバル)」を主に通して、日本の商品を中国の消費者向けに販売してきた。

 日本の大企業や中堅企業には、Tモール・グローバルに自ら出店し、中国市場向けにマーケティングを展開するよう促す一方、2年前からは、アリババ集団自らが日本の中小・零細企業から直接、商品を買い付けて輸入し、Tモール・グローバル上で販売する取り組みを進めてきた。日本の中小・零細企業の多くは、中国市場で確実に売れると予測できる商品を製造していても、大企業と異なり、Tモール・グローバルへ出店するだけの余裕がなかったためだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>