エイベックスはAIサービスを利用したライブ来場者分析システムの実験を2017年秋から開始。ノリノリでタオルを振り回すライブ客が「真顔」であるなど意外な発見があった。

ライブで検出される顔のイメージ(加工しています)。検出できる感情は「喜び(笑顔)」「驚き」「悲しみ」「怒り」「嫌悪感」「軽蔑」「恐れ」「中立」の8つ。大量の静止画から顔の領域を切り取り、感情をAIで検出している。大人数の顔を検出できるよう技術検証を重ねてきた(出所:エイベックス)
ライブで検出される顔のイメージ(加工しています)。検出できる感情は「喜び(笑顔)」「驚き」「悲しみ」「怒り」「嫌悪感」「軽蔑」「恐れ」「中立」の8つ。大量の静止画から顔の領域を切り取り、感情をAIで検出している。大人数の顔を検出できるよう技術検証を重ねてきた(出所:エイベックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 激しいビートに合わせてノリノリでタオルを振り回すライブ客。だがその表情をマーケティングカメラで捉えると、多くの人が「真顔」のままだった……。

 エイベックスは、米マイクロソフトのAI(人工知能)サービス「Microsoft Cognitive Services」を利用したライブ来場者分析システムの実証実験を2017年秋から続けている。ライブ会場に設置したカメラで来場者の顔を認識して属性(年代、性別)を把握。さらにその表情から感情もリアルタイムに判別し、数値化してライブの“効果”を調べている。