ブランディングプランナーの細谷正人氏が新たな視点でブランディングデザインに斬り込み、先進企業に取材する連載「C2C時代のブランディングデザイン」。前回に引き続き、花王がESG戦略として推進する新ライフスタイルブランド「MyKirei by KAO」を取り上げます。今回は解説編の後編。

前回(第30回 花王が2030年に目指す3つの柱 ESG経営でのブランド意義)はこちら

「MyKirei by KAO」のコンセプト映像から。「Live Kirei Lifestyle “ Every facet of daily life is filled with caring”」(隅々までおもいやりに満ちた毎日の”きれいな”暮らし)を表現している。「What “Kirei” Means to Me - MyKirei by KAO」動画より
「MyKirei by KAO」のコンセプト映像から。「Live Kirei Lifestyle “ Every facet of daily life is filled with caring”」(隅々までおもいやりに満ちた毎日の”きれいな”暮らし)を表現している。「What “Kirei” Means to Me - MyKirei by KAO」動画より

 MyKirei by KAOはKirei Lifestyleを体現するブランドとして、まず2020年4月に米国でビジネスをスタートさせ、販売チャネルにはAmazonを活用しています。今回発売する同ブランドの「シャンプー」「コンディショナー」「ハンドウォッシュ」には、花王が開発したプラスチックフィルム容器「Air in Film Bottle(エアインフィルムボトル)」を初めて採用しています。

 フィルムは詰め替え用容器に使われる軟らかい素材ですが、容器の外側に空気を入れて膨らませることで、自立する容器として使用することができ、プラスチックの使用量をポンプ型ボトルに比べ約50%少なくすることができるそうです。

「MyKirei by KAO」シリーズ。「シャンプー」「コンディショナー」「ハンドウォッシュ」ではプラスチックフィルム容器「Air in Film Bottle(エアインフィルムボトル)」を初めて採用している
「MyKirei by KAO」シリーズ。「シャンプー」「コンディショナー」「ハンドウォッシュ」ではプラスチックフィルム容器「Air in Film Bottle(エアインフィルムボトル)」を初めて採用している

 MyKirei by KAOのブランドコンセプトは、「Live Kirei Lifestyle “Every facet of daily life is filled with caring”」(隅々までおもいやりに満ちた毎日の“きれいな”暮らし)です。ネーミングでもある日本語の「Kirei」という言葉は、「美しさ」や「清潔」という意味だけでなく、心の状態や生きる姿勢も表しています。自分自身に加え、社会の「Kirei」にもつながっていく言葉として、日本語の響きのままで使用しています。

 MyKirei by KAOは今後、日本や欧州、その他アジアなどで順次展開を拡大する予定ですが、まず米国でAmazonの販売チャネルを活用して発売した理由は3つあります。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>