ブランディングプランナーの細谷正人氏が新たな視点でブランディングデザインに切り込み、先進企業に取材する連載「C2C時代のブランディングデザイン」。今回と次回の2回にわたり、“相乗り”サービスの「CREW」を提供するAzitを取り上げます。今回は吉兼周優社長へのインタビュー編。

「CREW」のアプリ画面。シンプルな操作で、“乗りたい人”と“乗せたい人”を繋げることができる(画像提供/Azit)
「CREW」のアプリ画面。シンプルな操作で、“乗りたい人”と“乗せたい人”を繋げることができる(画像提供/Azit)
細谷:Azit(アジット)が2015年10月からサービスを開始している「CREW(クルー)」は、「“乗りたい人”と“乗せたい人”を繋げるモビリティ・プラットフォーム」を掲げています。同じ分野ではUberが有名ですが、料金に対する考え方がUberとは異なる点がユニークですね。

 乗った人はガソリン代と道路通行料、システム利用料の他、普通なら乗車料を支払います。しかしCREWでは乗車料の代わりに“謝礼”を任意で支払うという考え方です。謝礼は義務ではなく、乗車料に相当しないため法律関係もクリアしており、タクシーのような許可や登録は必要ないとか。「C2C時代のブランディングデザイン」という連載企画を考えたきっかけも、実はCREWの存在がありました。私自身もCREWの愛用者の一人で、今までにないモビリティ体験を得ました。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>