2023年1月4日発売の「日経トレンディ2023年2月号」 ▼Amazonで購入する では、「日本酒ランキング2023」を特集。製法の原点回帰は日本酒業界のトレンドだ。無ろ過生原酒「風の森」シリーズを手掛ける奈良県の油長酒造もその1社。2021年に発売した新シリーズ「水端」では、13代目の山本長兵衛社長が古典をひもとき、当時の製法をほぼ完璧に再現した。

※日経トレンディ2023年2月号より。詳しくは本誌参照

商品名:水端 1355、実勢価格:7700円(税込み、500mL)、原料米:奈良県産秋津穂
商品名:水端 1355、実勢価格:7700円(税込み、500ミリリットル)、原料米:奈良県産秋津穂
奈良県 油長酒造
設立:1719年
代表:山本長兵衛
所在地:奈良県御所市1160番地
主な銘柄:風の森、鷹長、水端

 戦前の木おけ仕込みを復活させて話題をさらった新政酒造のほか、さらに昔の菩提酛づくりを取り入れる酒蔵が増えるなど、製法の原点回帰は日本酒業界のトレンドだ。独特のとろみのある口当たりからファンも多い無ろ過生原酒「風の森」シリーズを手掛ける奈良県の油長酒造もその1社。同社は、奈良に伝わる伝統技法を常に探求し、現代の知見を交えながら醸造技法を進化させることに力を注ぐ。その一環で室町時代に活発に行われていた寺院醸造の技法を復活させる試みに取り組んでいる。

「日経トレンディ2023年2月号」の購入はこちら(Amazon)

 2021年に発売した新シリーズ「水端」では、13代目の山本長兵衛社長が古典をひもとき、当時の製法をほぼ完璧に再現した。2タイプあり、一つが1355年に編さんされた「御酒之日記」に書かれた奈良菩提山正暦寺の技法、もう一つが1568年編さんの古典「多聞院日記」に書かれた奈良の興福寺の技法だ。

「奈良県は日本酒発祥の地であり、中世の室町時代、奈良の大寺院が清酒を生み出し、醸造技法が進化した場所。そのアイデンティティーをよみがえらせ、改めて奈良の日本酒を現代流に再定義したい」(山本氏)

 開発に当たって、1700年代初頭の享保時代に建造した酒蔵を改装し、水端専用の酒蔵に仕立てた。当時はまだ木おけが使われておらず、大きなかめで仕込まれていた。そこで、信楽焼の産地を訪ね、10基の大がめを特注した。文献に従って、冷蔵設備などは導入せずに発酵させる。小型の麹室や槽なども別途建物内に設けた。

「完成した酒は、最近の日本酒のトレンドとはかけ離れた個性的な味に仕上がった。複雑な味が何層にもミルフィーユ状に連なっている」と山本氏。例えば1568は、青リンゴを思わせる甘酸っぱさが口の中で広がり、乳酸菌由来のヨーグルトのような香りが引き立つ。

 生産量が極めて少量ということもあり、2タイプとも1本7700円(税込み)と高額にもかかわらず、22年5月発売した1568は直後に売り切れとなり、22年11月に発売した1355も予約分で完売した店舗があるなど人気が高い。23年も同じ時期に発売予定で争奪戦が起きそうだ。

 油長酒造は、農家支援のプロジェクト「農家酒屋」にも力を注ぐ。原料に使う秋津穂を栽培した農家専用の特別バージョンの「風の森」を仕込み、農家自身がこれを販売して収益を得るという取り組みだ。参画する農家とも連係し、24年には棚田の真ん中に酒蔵を建設予定。

(写真/今 紀之)

注)「日本酒ランキング2023」は、「日経トレンディ」2023年2月号に掲載しています。日経クロストレンド有料会員の方は、電子版でご覧いただけます。
▼関連リンク 「日経トレンディ」(電子版)
「日経トレンディ2023年2月号」の主な内容を紹介
【新NISA式ほったらかし株&投信】
●2024年の「NISA」大幅拡充に向けて、今から取り組む資産づくりの新常識
●【株式投資】6大テーマ、中小型・高配当株…ネクストブレイク銘柄は?
●プロ&敏腕個人投資家31人に聞いた! 2023年相場予想&勝ちルール
●【投資信託】「投信大賞」決定! 市場平均を上回るアクティブ型投信が多数
●【株主優待】生活必需品からレジャーまで、得して楽しむ鉄板優待株
●【最新投資術】ロボアドやクラウドファンディングで“ほったらかし”運用
●【家計のワザ】高還元と訳あり品で得をするインフレ時代の買い物術
今、最高に“新しい”日本酒ランキング2023
●発表 最もイノベーティブな酒蔵ベスト10
●識者が選ぶ今飲むべき旨い日本酒はこれだ!
未来の市場をつくる100社2023年版【前編】
▼「日経トレンディ2023年2月号」をAmazonで購入する
4
この記事をいいね!する