2023年1月4日発売の「日経トレンディ2023年2月号」 ▼Amazonで購入する では、「日本酒ランキング2023」を特集。古典的な製法への原点回帰、史上最高・初の探求、クラフトな次世代型サケ造り─―。全国各地の日本酒の酒蔵が相次ぎ、新しいファン層を取り込もうと、従来の常識にとらわれない挑戦を始めている。今、最高にイノベーティブな酒蔵、そして最高にうまい日本酒はどれか。最新ランキングと次のトレンドを予測した。

※日経トレンディ2023年2月号より。詳しくは本誌参照

最高にうまい日本酒はどれか。最新ランキングと次のトレンドを予測した
最高にうまい日本酒はどれか。最新ランキングと次のトレンドを予測した

 国税庁の調べでは、国内で生産される日本酒の総量は4年間で約27%減少。業界の先行き不透明感から生産を取りやめる、いわゆる“休眠酒蔵”となるケースも相次いでいる。「戦後、数度のブームを経てきたが、現在特に国内市場は伸び悩んでいる状況にある」(日本酒専門メディア「SAKETIMES」の小池潤編集長)

「日経トレンディ2023年2月号」の購入はこちら(Amazon)

 そんな中、全国各地の酒蔵による生き残りをかけた大勝負が始まっている。けん引役は、主に若い経営者や杜氏だ。「ここ数年、若手の経営者・杜氏への代替わりに加えて、創業家から別の企業に経営などに移管され、新しいコンセプトをもって酒造りを再開する動きが広がりつつある」。酒類ジャーナリスト兼コンサルタントの松崎晴雄氏はこう現状を分析する。

 例えば千葉の寒菊銘醸はその一例。航空会社の整備士出身で25歳で転職した柳下祐亮氏が杜氏に就任。「季節ごとに移ろいゆく、蔵の近くの九十九里浜海岸の風土を酒で表現するというOCEAN99シリーズの発想は、歴史的に見ても革新的」(毎週70銘柄を利き酒する酒ソムリエの赤星慶太氏)。出来上がった酒に対するプロの評価も高い。

 銘醸地のイメージの薄い北海道や九州、神奈川などで酒蔵の再生を試みる流れが生まれているのも新しい。2016年に三重県の酒蔵を北海道に移転し、地元でしか買えない大吟醸「神川」が話題を集める上川大雪酒造はその代表格だ。同社に刺激を受ける形で、函館市の北側にある七飯町に箱館醸蔵も誕生。千歳市などでも酒蔵再生の計画が進んでいる。

 注目度が急速に高まっているのは九州だ。人気焼酎の富乃宝山を手掛ける鹿児島の西酒造は、日本酒の製造免許を取得し日本酒造りに進出。壱岐焼酎で知られる長崎県壱岐島の重家酒造も18年、休眠させていた免許を使い日本酒蔵を復活。ミネラルが豊富で鉄分の少ない水を生かした「横山五十」をリリースした。

 こうした地殻変動が業界全体で起こりつつある今、「歴史の古い銘柄であれば安心」「純米大吟醸ならおいしい」といった従来の物差しでは日本酒を選びにくくなっている。そこで日本酒に精通する識者6人に現在最もイノベーティブな挑戦をし、23年に日本酒業界で話題を呼ぶことが大いに期待できる酒蔵を厳選してもらった。集計したランキングの結果は1位が山口県の旭酒造(銘柄は獺祭、以下同)、2位は宮城県の新澤醸造店(伯楽星)、3位は奈良県の油長酒造(風の森)となった。

イノベーティブ酒蔵ランキング 2023

【1位】「獺祭」
山口県 旭酒造 57点

米国で酒蔵を建造し、23年中にも醸造開始。著名料理学校と組むなど日本酒のグローバル化に挑戦

【2位】「伯楽星」
宮城県 新澤醸造店 40点

精米機を複数台導入して世界最高精米歩合を達成するなど、新技術を使って究極の吟醸酒を目指す

新澤醸造店「伯楽星」
新澤醸造店「伯楽星」

【3位】「風の森」
奈良県 油長酒造 35点

奈良に伝わる伝統技法を探求し、現代の知見を交えながら醸造技法を進化させることに力を注ぐ

油長酒造「風の森」
油長酒造「風の森」

【4位】「No.6」
秋田県 新政酒造 33点

全国でも珍しい木おけ仕込みにかじを切り、さらに自社で木おけを製造する新部門まで設立

【5位】「南部美人」
岩手県 南部美人 25点

早くから海外市場を積極的に開拓し、急速冷凍で生酒のおいしさを保って輸出する技術を編み出す

南部美人「南部美人」
南部美人「南部美人」

【5位】「仙禽」
栃木県 せんきん 25点

ドメーヌ化にとことんこだわり、完全酵母無添加や生酛造り、オーガニック米など自然派を追求

【5位】「龍勢」
広島県 藤井酒造 25点

伝統的な醸造方法である生もと造りに全量を切り替えることを目指すのは全国でも珍しい

【8位】「あべ」
新潟県 阿部酒造 24点

リストランテで最初から最後まで飲めるような食中酒造りに強み

【9位】「天美」
山口県 長州酒造 21点

エネルギー関連企業が下関の老舗酒蔵を事業継承、新銘柄を開始

【10位】「HINEMOS」

神奈川県 RiceWine 20点

時間をコンセプトにした日本酒を手掛け、D2Cで消費者に届ける

【11位】「はなうたホップス」
福島県 haccoba 18点

和製ホップを使ったどぶろく製法「花酛」でクラフトサケを開発

【12位】「文楽」
埼玉県 北西酒造 17点

金融業界出身で、32歳で社長に就任した5代目がブランド刷新

【12位】「総乃寒菊」
千葉県 寒菊銘醸 17点

25歳で就任した杜氏が、九十九里などをテーマに新発想で酒造り

調査の方法
計6人の専門家にイノベーティブだと思う酒蔵選んでもらい、編集部で集計した。選者は次の通り(敬称略、五十音順)。酒ソムリエ 赤星慶太氏、日本酒専門メディアSAKETIMES編集長 小池潤氏、酒ジャーナリスト 葉石かおり氏、酒類ジャーナリスト兼コンサルタント 松崎晴雄氏、築地・長生庵店主 松本聡一郎氏、日本酒専門店・水橋店主 水橋信也氏

注)「日本酒ランキング2023」は、「日経トレンディ」2023年2月号に掲載しています。日経クロストレンド有料会員の方は、電子版でご覧いただけます。
▼関連リンク 「日経トレンディ」(電子版)
「日経トレンディ2023年2月号」の主な内容を紹介
【新NISA式ほったらかし株&投信】
●2024年の「NISA」大幅拡充に向けて、今から取り組む資産づくりの新常識
●【株式投資】6大テーマ、中小型・高配当株…ネクストブレイク銘柄は?
●プロ&敏腕個人投資家31人に聞いた! 2023年相場予想&勝ちルール
●【投資信託】「投信大賞」決定! 市場平均を上回るアクティブ型投信が多数
●【株主優待】生活必需品からレジャーまで、得して楽しむ鉄板優待株
●【最新投資術】ロボアドやクラウドファンディングで“ほったらかし”運用
●【家計のワザ】高還元と訳あり品で得をするインフレ時代の買い物術
今、最高に“新しい”日本酒ランキング2023
●発表 最もイノベーティブな酒蔵ベスト10
●識者が選ぶ今飲むべき旨い日本酒はこれだ!
未来の市場をつくる100社2023年版【前編】 ▼「日経トレンディ2023年2月号」をAmazonで購入する
29
この記事をいいね!する