マーケターのためのCES2023キーワード 第6回

「CES2023」の注目トピックの1つとしても紹介された「ヘルステック」。最新のテクノロジーを活用してユーザーの健康状態を可視化し、一人ひとりが抱える課題解決を目指すサービスだ。CESではどのような関連商品が出展されていたのか。編集部が厳選した4商品を取り上げながら、マーケター必見の2023年のヘルステックトレンドを探る。

キーノート「Tech Trends to Watch(注目の技術トレンド)」内で、注目分野の一つとして紹介された「ヘルステック」。主催者の全米民生技術協会(CTA)によると、「ヘルステックイノベーションの新境地」は、「オンデマンドネットワーク」「メンタルウエルネス」「VR(仮想現実)」の3つだという
キーノート「Tech Trends to Watch(注目の技術トレンド)」内で、注目分野の一つとして紹介された「ヘルステック」。主催者の全米民生技術協会(CTA)によると、「ヘルステックイノベーションの新境地」は、「オンデマンドネットワーク」「メンタルウエルネス」「VR(仮想現実)」の3つだという

 ヘルステックは、さまざまな最新技術を活用しながら人々の健康にまつわる生体データを収集し、分析に役立てる商品やサービスを指す。利用者の体にまつわる“究極の個人情報”を扱うサービスとも言える。近年は、女性や赤ちゃんの健康状態を把握し、生理・妊活や育児をサポートする「フェムテック」「ベビーテック」、快適な睡眠環境づくりを目指す「スリープテック」、シニア世代が抱えるさまざまな課題解決を試みる「エイジテック」なども盛り上がりを見せており、ヘルステック領域は年代、性別を問わずあらゆる人々の生活をより豊かにする技術として注目を集めている。

 2023年も多くのヘルステック関連商品がCESに出展された。その中で日経クロストレンド編集部では、ユーザーの利便性を優先しながら、適切な健康データの収集ができる巧みな設計をしている4つの商品に注目した。

トイレで気軽にできる健康管理

 ヘルステック領域においては、いかにユーザーの負担を減らしながら健康管理ができるかは重要なポイントだ。例えば、誰もが毎日行くトイレで、自動で気軽に健康管理をしてもらえるとしたらどうだろうか? そんな期待に応えてくれる2つのサービスがCESに出展されていた。

 1つは、スマート体重計などを販売する仏ウィジングズの「U-Scan(ユースキャン)」。直径90ミリの小型端末を便器に取り付け、採取した尿から体内バランスを把握するという商品だ。なお同商品は、優れた商品が表彰される「CES Innovation Awards 2023 Honoree(CES・イノベーション・アワーズ受賞者)」に選出されている。

仏ウィジングズは、CES本番開幕前に行われるメディア向けの製品お披露目イベント「CES Unveiled(CESアンベイル)」でU-Scanを展示した
仏ウィジングズは、CES本番開幕前に行われるメディア向けの製品お披露目イベント「CES Unveiled(CESアンベイル)」でU-Scanを展示した

 U-Scanには、さまざまな健康状態を読み取ることができる小型の検査ポッドが数十個搭載されている。それらの情報はWi-Fi経由でウィジングズが提供する専用アプリに送信される。検査ポッドのカートリッジは、1個につき3カ月間で交換が必要。アプリでは、尿検査の結果に基づいた健康状態や健康的な食生活を送るためのガイダンスを提供する。

便器手前に装着されている白い端末が、U-Scan
便器手前に装着されている白い端末が、U-Scan

 これらのカートリッジには、女性の月経周期を追跡し、排卵日計算などを行う「U-Scan Cycle Sync(ユースキャン・サイクル・シンク)」と、尿の分析結果に応じて、栄養補給と水分摂取に関するアドバイスを送る「Nutri Balance(ニュートリ・バランス)」がある。

 また医療従事者が、患者の自宅トイレに取り付けたU-Scanから尿データにアクセスし、健康状態をモニタリングする「The U-Scan For Professionals(ユースキャン・フォー・プロフェッショナルズ)」の展開も検討しているが、まだ規制当局の許可が下りていないため、許可を得た後に利用可能にする予定だという。

 価格は、U-Scanスターターキット(U-Scanリーダー1台、3カ月分の検査が可能なカートリッジ1本が含まれる)が499.95ユーロ(約7万円)。その後、月額29.95ユーロ(約4200円)のサブスクリプションモデルに申し込むか、カートリッジを単体で購入することも可能。製品は、欧州で23年後半から提供開始予定。

U-Scanのサービス紹介動画

 2つ目は、イスラエル発のOlive Diagnostics(オリーブ・ダイアグノスティクス)が開発する「Olive KG」シリーズ。便器に取り付けることで、自宅で日常的に健康状態をチェックできる尿分析光学センサーだ。

赤、青、緑などさまざまな色で発光するOlive KG
赤、青、緑などさまざまな色で発光するOlive KG

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
20
この記事をいいね!する

CESとNRFから読み解く、2023年のテック・小売りトレンドを識者が解説します!
2月24日 日経クロストレンド・カレッジ開催

 毎年1月に米国で開催される「CES」と「NRF 2023:Retail’s Big Show」。両イベントは例年、世界各国から集まった多くの企業が最新技術を駆使した製品を出展するだけでなく、業界のキーパーソンによるパネルディスカッションも多数用意され、最新トレンドを把握するには欠かせません。
 両イベントに参加したIBAカンパニー代表の射場瞬氏と、ヤプリのエグゼクティブスペシャリスト伴大二郎氏が、CESとNRFから読み解く23年のテック・小売りトレンドを解説。両者が注目した製品、セッションなどと共に、マーケター必見のトピックを紹介いただきます。
 ぜひ、ご参加ください!

[画像のクリックで別ページへ]