注目カラートレンド2023 第2回

毎日使う物だから気分の上がる色にしたい。でも、安らぎや落ち着きも欲しい。アイリスオーヤマ(仙台市)にとって初参入となる美容家電シリーズ「MiCOLA」は、「わたしのカラーで生きていく。」をコンセプトに、この2つを満たしたカラーを展開。「色がかわいい」と好評を得ている。

「MiCOLA」のイオンドライヤーとストレートアイロン(ブルー)。ニュアンスカラーなので白い洗面台との相性も良い
「MiCOLA」のイオンドライヤーとストレートアイロン(ブルー)。ニュアンスカラーなので白い洗面台との相性も良い

 2009年から家電事業に本格的に参画し、コストパフォーマンスに優れた家電で人気を獲得しているアイリスオーヤマ。新たなファンを獲得するため、22年11月25日に同社初の美容家電シリーズ「MiCOLA」を発売した。

 ブランド名のMiCOLAは「my(私の)」と「color(色)」を掛け合わせた意味を持つ造語。「わたしのカラーで生きていく。」をコンセプトに、20代の女性をコアターゲットに据え、お気に入りのカラーの美容家電で日々の暮らしに彩りを添えるという思いを込めて開発された。まずはイオンドライヤー、カールアイロン、ストレートアイロンの3商品を展開している。

 カラーはニュアンスカラーを基調とした「モカ」「ブルー」「オフホワイト」「ダークグレー」「ラベンダー」「ピンク」の6色。インテリアになじみやすいことから、コロナ禍前から家電全般では黒やグレーなど、無彩色系がトレンドだったという。だがコロナ禍以降、家にいる時間が長くなったことで、「インテリアにさらにやすらぎや落ち着きを求めるようになり、カラーにアッシュ系の雰囲気を持たせたニュアンスカラーがトレンドとなった」と、プロダクトデザインのディレクターを務めたデザインセンター部長の宮脇将志氏は語る。

 ニュアンスカラーと一口に言ってもいろいろな色が考えられる。今回、6色展開にした理由について宮脇氏は、「やすらぐ、落ち着く色みでありながら、気分が上がるような商品にしたかった。当初はパステルカラーなども検討したが、最終的にカラフルなニュアンスカラーに落ち着いた」と言う。

こだわりはマットな質感にも

 いずれの色も「こだわって調整した」と宮脇氏。中でも調整が難しかったのがモカだという。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
9
この記事をいいね!する