井上芳雄です。11、12月はストレートプレイ(セリフだけの演劇)の『しびれ雲』に出演しています。KERAさんことケラリーノ・サンドロヴィッチさんが作・演出の新作です。11月12日から12月4日まで東京・下北沢の本多劇場で公演して、12月は兵庫、北九州、新潟と地方公演が続きます。開幕が新型コロナウイルス感染症の影響で1週間ほど遅れて、稽古は大変ではありましたが、幕が開くとさすがKERAさんだと思わされる素晴らしい作品で、カンパニーの雰囲気もよく、お芝居をする喜びを全身で感じている日々です。

『しびれ雲』(11月12日~12月4日下北沢 本多劇場、12月8~11日兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール、12月17~18日北九州芸術劇場 中劇場、12月24~25日りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場)フジオ役の井上芳雄(撮影:引地信彦)(C)キューブ
『しびれ雲』(11月12日~12月4日下北沢 本多劇場、12月8~11日兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール、12月17~18日北九州芸術劇場 中劇場、12月24~25日りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場)記憶を失った男役の井上芳雄(撮影:引地信彦)(C)キューブ

 『しびれ雲』の舞台は、海に囲まれた、3つの村からなる孤島「梟(ふくろう)島」。時代は昭和10(1935)年ごろ。海辺近くにある、いくつかの家のひとつ石持家では、次男である国男の七回忌の法事を前に、未亡人の波子(緒川たまきさん)、波子の妹の千夏(ともさかりえさん)らが慌ただしくしています。そんなとき、ケガをして倒れている男が見つかります。千夏と夫の文吉(萩原聖人さん)は、男を法事が行われている波子の家に連れて行くのですが、彼は記憶を失っており、波子にある名前をつけられます…。その男を僕が演じています。

 そんなふうに物語が始まり、島に住む人たちの人間模様が描かれます。派手な事件が起こるわけではなく、日常を描いているのですが、次々と場面が変わり、どうなるんだろうと思う出来事がどんどん起こって、KERAさんらしい笑いもしっかりまぶされています。

 タイトルの「しびれ雲」とは不思議な形をした架空の雲で、島にはしびれ雲が浮かぶと、その日を境に潮目が変わるという言い伝えがあります。男の人生も、しびれ雲をきっかけに変わります。KERAさんから説明されたわけではないですが、僕なりに解釈すると、大きな出来事が起こっていないように見える日常の中にも大事な変化ははっきりとあって、誰にもそんな瞬間が訪れるということの象徴なのかなと。KERAさんの作劇がうまいのは、そういう大切なポイントを、いっぱい出てくる笑いの中にさりげなく潜ませていることで、そこはやっぱりすごい才能だなと感心します。

 上演時間は休憩を入れて3時間半。KERAさんご自身、「この物語には、この長さが必要なのだ」とおっしゃっていました。出演者14人の群像劇で、それぞれにエピソードがあり、一人一人が舞台上でちゃんと生きているように描かれているので、KERAさんの愛情が伝わってきます。それぞれの役は、演じる役者さんを想定して書かれた「当て書き」です。KERAさんは稽古をしながら脚本をつくっていくやり方なので、KERAさんが役者さんをどう見ているのかを役柄から想像する楽しみ方もできます。

 僕が演じる男は記憶喪失。本人に関する情報がないから、脚本がまだ完成していない稽古始めのころは、役作りもやりようがありませんでした。脚本が上がると、こんなに優しくて、素直で、人の言うことを信じていていいのかというくらい、まっすぐで純粋な人でした。自分の中にない要素はなかったので、無理なく演じられています。キャストは初めてご一緒する方も多いので、僕と今回の役をイコールで見ているところもあるのかなと思うくらいです。

 KERAさんからは、ある場面では「状況をお客さんに分かってもらわなきゃとか、この言葉を立てないと、みたいなことは考えなくていいし、もっと小さい声でやってもいいよ。絶対伝わるから」と言われました。そこでは、今まで出したことのないくらい小さい声でセリフを言っています。客席が400に満たない本多劇場のサイズにあわせてのことではありますが、今回は表現を大きくする演技とは無縁な感じでやらせてもらっています。

 公演を見た方からは、この役が僕の演劇界での立ち位置と似ていて面白かったという感想をいただきました。確かに、ミュージカル界という違う畑から小劇場に来て、最初は「誰なんだ? この人は」とお互いに素性が分からないところから共演者と知り合い、溶け込んでいっているところがあります。少なくともKERAさんにはそう見えているのかなと思いました。だとしたら、すごくうれしいことです。僕自身、多少の異邦人感は否めませんが、決して敵だとか脅かそうともしていないし、むしろみんなと仲良くしたい、一緒にいい毎日を送りたいと思って毎回演じています。それが役を通して伝わっているのなら喜ばしいし、当て書きで新作をつくってもらう喜びでもあります。

KERAさんの新作を彩るすてきなキャストたち

『しびれ雲』(座っている方、左から)三上市朗、ともさかりえ、萩原聖人、尾方宣久、安澤千草、石住昭彦(立っている方、左から)緒川たまき、菅原永二(撮影:引地信彦)(C)キューブ
『しびれ雲』(座っている方、左から)三上市朗、ともさかりえ、萩原聖人、尾方宣久、安澤千草、石住昭彦(立っている方、左から)緒川たまき、菅原永二(ステージ後方で寝ている男)井上芳雄(撮影:引地信彦)(C)キューブ

 ほかのキャストの方にも、同じようなことを感じます。内科医の役の松尾諭さんは、劇中で「業者さん」と呼ばれる場面があります。松尾さんは話題が豊富だし、体にいいものをいっぱい持っているので、何がしかの業者らしさを醸し出しているとKERAさんは感じているのかもしれません。そんなことをセリフから推測するのも楽しいですね。松尾さんがKERAさんの作品に出るのは初めてで、ずっと出てみたかったそうです。

 男が居候している縄手兄妹宅の妹であるやよい役の清水葉月さん、石持家の長男夫婦の息子である伸男役の森準人君、波子の娘である富子役の富田望生さんといった若い俳優さんは、KERAさんのお芝居に出ることがあこがれだったり目標だったりしたそうです。そういう話を聞くと、ミュージカル界の若い俳優さんが『レ・ミゼラブル』や『エリザベート』に出るのにあこがれているのと同じで、KERAさんの作品は演劇界ではそういう存在なのだと思いました。みんな最初はKERAさんのやり方に戸惑ったでしょうが、若いからどんどん吸収して、なじんでいくのが伝わってきて、頼もしく感じました。

 石持家の家長役の石住昭彦さんもKERA作品は初めて。演劇集団円の役者さんで、お芝居をやりながら自分の役の面白さを増幅させるのがお上手な方です。変化がある役ですけど、それを喜々として演じてらっしゃるのがすごく面白くて、説得力があります。菅原永二さんはKERA作品が2回目だそうですが、縄手家の兄、坊主、甘味処(どころ)の婆さんと3役もやっています。たぶんKERAさんが面白がっていて、今回は爆笑ものにはしたくないとおっしゃっていたのに、「やっぱり永二には書いちゃうんだよな」と言われていました。最高の褒め言葉ですね。バーの経営者役の尾方宣久さんは4回目で、同じ梟島を舞台にした『キネマと恋人』にも出ているのですが、今回は全然違うキャラクターです。ノーブルなところもあって、そこがまた面白いです。尾方さんは声に特徴があって、通るし、強いし、でも優しいというすてきな声。それもKERAさんの作品に必要な要素なのだろうと思います。

 ケーキ屋役の三宅弘城さんと石持家の長男の嫁・勝子役の安澤千草さんは、KERAさんが主宰されている劇団ナイロン100℃の方です。やっぱり慣れているというか、KERAさんのやり方やセリフの立体化の仕方をよく知っています。KERAさんもお二人をよく知っているので、ダメ出しも僕たちに言うのとは違って、「昔からお前はそうだな」みたいな言い方をされます。そういう劇団員同士の感じもいいなと思いながら見ていますし、お二人のやり方を見て、こういうふうに言えばいいんだという発見もあります。

 門崎家の夫婦役の萩原聖人さん、ともさかりえさん、石持国男の未亡人役の緒川たまきさんはKERA作品の常連です。若いころから何度も呼ばれている信頼感があって、劇団員の方とはまた違うKERAさんの世界の表現の仕方が的確です。みなさん完成度の高いお芝居をされるなと思いながら見ています。

 萩原さんとご一緒するのは初めてですが、ほかの演劇作品でお芝居がすてきだなと思っていました。KERAさんは「聖人は芝居の上で死角がない」というようなことをおっしゃっていました。オールマイティーにいろんな芝居ができるということで、本当にそうだと感じます。今回のような、ちょっとダメ男な感じの役もうまいですね。ともさかさんは、KERAさんと料理人同士みたいな会話をしていて、職人的な女優さんだなとあらためて思いました。KERAさんのセリフは、KERAさんのやり方じゃないとちゃんと笑えないのですが、それをよく知っているし、さじ加減も「ちょっと強すぎますかね」とか微妙な調整をしているのがすごいなと思います。たまきさんは唯一無二の女優さんで、KERAさんと夫婦ということもあって、KERAさんの作品の中で独特の輝きを放っています。お二人が一緒に作品を創り上げている様子も、面白いなと思って見ています。

 石持家の長男役の三上市朗さんもKERA作品の常連です。普段は悪役が多いそうですが、今回はいい人だったので驚いたと言っていました。役の上でも一家の長男という要の存在であったり、カンパニーの中でも「パーカーを作ろう」と言ってくれたり、リーダー的な存在で、心強いです。

共演者のみなさんとはご近所付き合いの感覚

 みんな個性的で、本当に面白い人たちが集まっています。作品の内容も朗らかで前向きだし、それがカンパニーの雰囲気をつくっているところもあり、とてもいい感じで過ごせています。本多劇場ならではの距離感もあって、僕が知っている劇場と比べると、楽屋も狭いです。僕は4人部屋で、後ろを通るときは「すみません」と言って、よけてもらわないと通れないくらい。その近さは決して嫌ではなくて、一緒にいて話している時間も長いし、みなさんとご近所付き合いしているみたいな感じで、楽しいですね。

 下北沢の街をぶらっと歩いたり、ミカン下北という新しい施設を通ったりもしました。活気のある街だし、生活とお芝居が地続きな感じがします。特に今回は電車で通うことが多かったので、とても潔い役者の生活でした。いい作品に出ている喜びがあって、「今日もお客さんと一緒に楽しい時間が過ごせるんだろうな」という予感とともに舞台に出られるのは、なんて幸せなことなのだろうと思います。

42
この記事をいいね!する