2022年11月4日発売の「日経トレンディ2022年12月号」 ▼Amazonで購入する では、「2023年ヒット予測ランキング」を特集。4位に「エレキソルト」が選ばれた。ラーメンや味噌汁などで塩味強度を1.5倍に増強する魔法のスプーン&おわんが2023年中にも商品化される。僅かな電流を流し塩味を強めることで、どんな料理も通常の3分の2に塩分量を減らして調理しても、薄味に感じずにおいしく食べられる。実証実験を進め、一般向けに商品化を進める考えだ。

※日経トレンディ2022年12月号より。詳しくは本誌参照

2023年ヒット予測4位は「エレキソルト」
2023年ヒット予測4位は「エレキソルト」

エレキソルト

「電気味覚」を利用して食器を替えるだけで減塩生活

 健康を気にして食事を減塩タイプに変えてみたものの、満足感を得られず長続きしなかった――。そんな課題を解消する、ラーメンや味噌汁などで塩味強度を1.5倍に増強する魔法のスプーン&おわん「エレキソルト」が2023年中にも商品化される。

 開発を手掛けるのは、キリンホールディングスと明治大学の宮下芳明研究室だ。既に試作機の開発に成功。見かけは普通のスプーンやおわんとほとんど変わらないが、僅かな電流を流し塩味を強める仕組み。試作機の場合、バッテリー駆動時間は1日3食使った場合で約1カ月。食事の塩味の強さを調整できるように、電流を4段階(0.1、0.3、0.5、0.7‌ミリアンペア)に切り替えられる工夫もある。

「日経トレンディ2022年12月号」の購入はこちら(Amazon)

 “塩味増強”の秘密は、人体に影響しない程度の微弱な電流を用いて食品の味の感じ方を変化させる「電気味覚」という原理にある。

 エレキソルトはスプーンの柄の部分やおわんの底部に制御ICや電源を内蔵しており、スプーンの先端やおわんの縁を口に含むと首や腕とを結ぶ電気回路がつくられる。その瞬間に、食塩の構成成分であるナトリウムイオン(Na+)の動きを変える特定パターンの波形の電流を食品を介して流すのだ。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2023年1月号
【巻頭特集】2023-2030年 大予測
【第2特集】2030年 未来をつくる人
【Special】高橋文哉 インタビュー
発行・発売日:2022年12月2日
特別定価:800円(紙版、税込み)
Amazonで購入する