2022年11月4日発売の「日経トレンディ2022年12月号」 ▼Amazonで購入する では、特集「シン・ヒーロー作品徹底研究」を掲載、ウルトラマンと仮面ライダーが揃って表紙を飾る「特別表紙版」も発売中。庵野秀明氏の参加する映画作品プロジェクトに冠されてきた「シン」。日本の特撮やアニメ作品の魅力を再生させてきたシリーズの最新作『シン・仮面ライダー』が、2023年3月に公開される。制作関係者への取材を基に「ヒットの芽」を読み解いていく。

※日経トレンディ2022年12月号より。詳しくは本誌参照

「表紙特別版 日経トレンディ12月号」の購入はこちら(Amazon)
仮面ライダーとウルトラマンが表紙の「特別表紙版」も発売中
仮面ライダーとウルトラマンが表紙の「特別表紙版」も発売中

 2016年公開の『シン・ゴジラ』以降、庵野秀明氏の参加する映画作品プロジェクトに冠されてきた「シン」。そこに込められた意味は明らかにされてはいないが、日本の特撮やアニメ作品の魅力を、時代を超えて大きなスケールで再生させ、コアなファンにとどまらず多くの観客の心をつかみヒット作を生み出してきた。

 その「シン」シリーズの最新作『シン・仮面ライダー』が、23年3月に公開される。ベースとなるのは石ノ森章太郎の漫画『仮面ライダー』と、1971年放送のテレビシリーズ第1作目の「仮面ライダー」だ。公となった情報はまだ多くはないが、71年版からどのように“変身”して観客の前に姿を現すのか、制作背景の中にある「ヒットの芽」を探りながら読み解いていきたい。

 第一に『シン・仮面ライダー』で注目すべき点は、本作が庵野監督による『シン・ゴジラ』以来、約7年ぶりの実写監督作品だということだ。プロデューサーの小出大樹氏(東映・映画企画部)は本作について、「庵野監督の原動力は『仮面ライダー』が好き、というシンプルで強い思い。しかもその『好き』のレベルが尋常ではない。その思いを中心に、熱い心や考えを持つ人たちが、年齢や立場にとらわれず作品を作り上げていこうという空気がある」と制作現場の雰囲気を語る。

本郷猛(仮面ライダー)に池松壮亮、ヒロインの緑川ルリ子に浜辺美波、一文字隼人(仮面ライダー第2号)に柄本佑と若手実力派キャストを起用
本郷猛(仮面ライダー)に池松壮亮、ヒロインの緑川ルリ子に浜辺美波、一文字隼人(仮面ライダー第2号)に柄本佑と若手実力派キャストを起用
マスクやスーツは、71年のTVシリーズ版のイメージを踏襲しつつ細部まで作り込んだ造形
マスクやスーツは、71年のTVシリーズ版のイメージを踏襲しつつ細部まで作り込んだ造形

 宣伝を担当する湯口隆明氏(東映・宣伝部)は、特に手応えを感じたのが、22年5月に公開した本編映像を初めて使用した特報だったという。「静かにカットを積み重ねた特報ではあったが、絞り込まれた情報の中から、作品の空気感や庵野監督の作家性がしっかりと伝わった」(湯口氏)。SNSでは「“エヴァみ”を感じる」など、実写以外の庵野秀明作品に親しんできた層からも反響を集めた。

22年5月に公開された特報映像では、アイコニックな線路の場面がファンの間で話題に
22年5月に公開された特報映像では、アイコニックな線路の場面が庵野作品ファンの間で話題に

 他の「シン」シリーズと同様に、本作でも原点となる作品へのリスペクトは映画制作の軸となっている。その姿勢をユニークな形で見せたのが、当時のオープニングを『シン・仮面ライダー』バージョンとして再現したプロモーション映像だ。細部までしっかりと再現されていることで、スーツやバイク「サイクロン号」の新たなデザインが目を引いた。

 「走行中の背景は今の技術ならCGで作成可能だが、あえて描かれた背景を筒状にしてモーターで回転させる『回転バック』という当時の特撮技術を再現して撮影した」(小出氏)。映像は71年版や特撮ファンも確実に楽しめる作品だというメッセージであると同時に、クランクインの前に一度原点に立ち戻ることで、何を新しく生み出せるのか可能性を探る試みでもあったという。

21年9月に公開されたプロモーション映像では、71年版第1話オープニング映像を『シン・仮面ライダー』版として再現。それをベースに新しい表現を加えたバージョンも発表された
21年9月に公開されたプロモーション映像では、71年版第1話オープニング映像を『シン・仮面ライダー』版として再現。それをベースに新しい表現を加えたバージョンも発表された

 その映像が公開された21年9月の「シン・仮面ライダー対庵野秀明展」の記者会見では、本郷猛(仮面ライダー)役の池松壮亮、緑川ルリ子役の浜辺美波の2人、22年1月には一文字隼人(仮面ライダー第2号)役に柄本佑が発表。実力派の俳優を起用するキャスティングにも注目が集まった。

 主役の本郷猛役といえば藤岡弘、という71年版の確固としたイメージがある中、同じ役名を使うからには、別の魅力を持った本郷像をしっかりと見せられる俳優を探していたという。「その中で池松壮亮さんの佇まいや声の良さ、企画にかける思いの強さに、彼となら新しい本郷を一緒につくっていけると監督、プロデューサー含め全員一致で確信が持てた」(小出氏)

 浜辺美波については「作品が求めるヒロイン像の模索にやや行き詰まっていた時期に、庵野監督が会社の壁に掛けてあった東宝のタレントカレンダーの写真で浜辺さんを見て、目を引かれたのがきっかけ」(小出氏)。第一印象を裏切らない適役ぶりに、すぐにオファーが決まったという。

 仮面ライダー1号役に池松壮亮が決定後、隣に並び立ったときのバランス感を重視して第2号役を探した。「柄本佑さんの持つ、池松さんとはまた異なる独特の空気感やキャラクターがぴたりとはまった」(小出氏)

令和版「悪の秘密結社」とは

 作品の世界観やストーリーは、現在のところほぼ明らかにはされていない。71年版から50年の時を経て、庵野氏がいかに「仮面ライダー」の中にある普遍的な魅力を進化させ、今の時代に届けようとしているのか。ヒントの一つが、秘密結社「ショッカー」の描かれ方だ。

 悪をどう描くかは作品のテーマを浮き彫りにするポイント。71年版ではコミカルな一面もあった秘密結社「ショッカー」だが、今作では秘密結社「Sustainable Happiness Organization with Computational Knowledge Embedded Remodeling」=通称「SHOCKER」と名称が発表され「幸福追求」を全面に掲げる現代的な不気味さが話題に。

「IF YOU WANT TO BE HAPPR. BE」とエンブレムにも「幸福追求」を掲げる
「IF YOU WANT TO BE HAPPR. BE」とエンブレムにも「幸福追求」を掲げるSHOCKER

 映画の公式アプリも「SHOCKERが運営している」という設定で公開された。「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』でアプリを活用したプロモーションをチームで行った経験から、本作でもSNS以外でファンが作品との一体感を持って集まれる場所として立ち上げた。公式情報だけを発信する場ではなく、秘密組織『SHOCKER』を現実世界に存在させられたら面白いのではないかという着眼点から、様々な参加型イベントを企画している」(湯口氏)

 アプリ内では『エヴァンゲリオン』シリーズとコラボした壁紙の配布企画も行うなど、様々な層に作品情報を届けるきっかけをつくる試みを行っている。

公式アプリ「SHOCKER」内にある「HAPPYボタン」は押すごとにカウンターが回る。合計数に応じて特典が付与されるキャンペーン等も実施
公式アプリ「SHOCKER」内にある「HAPPYボタン」は押すごとにカウンターが回る。合計数に応じて特典が付与されるキャンペーン等も実施

 同様の試みの中でも特に大きな注目を集めたのが、22年2月に東宝・カラー・円谷プロダクション・東映の4社が共同で立ち上げた「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」(SJHU)だ。庵野氏の参加する「シン」を冠した映画作品(現在は4作)について今後、イベントや商品化など様々なコラボ展開を視野に入れる。22年7月から初のイベントとして、4作品がコラボした体験型のアトラクションを中心とする「SHIN JAPAN HEROES AMUSEMENT WORLD」を開始。11月は広島、12~翌1月に名古屋で開催予定だ。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)が世界的成功を収める中、日本の特撮・アニメが生み出す「ユニバース」の展開に注目が集まる。

 この3年間で映画全体の興行収入は落ち込んでいるが、コロナ禍でも上位作品はこれまでと同等の観客動員を確保している。「そこには『外さない作品を見たい』という観客の思いがある。本作は100億円規模の興行収入を狙える作品。いかに既存のファンを大切にしつつ、庵野秀明脚本・監督の全く新しい作品として期待値を上げ、既存の『仮面ライダー』の文脈の外にいる観客にリーチできるかが勝負」(湯口氏)

 『シン・仮面ライダー』は、15年に庵野監督が提案した1枚の企画メモに始まり、コロナ禍や『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の仕上げ期間などを挟んで、昨年10月にクランクイン。今後の“変身”から目が離せない。

(c)石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

注)「2023年ヒット予測ランキング」は、「日経トレンディ」2022年12月号に掲載しています。日経クロストレンド有料会員の方は、電子版でご覧いただけます。
▼関連リンク 「日経トレンディ」(電子版)
「日経トレンディ2022年12月号」の主な内容を紹介
【2023ヒット予測100】
発表! ヒット予測ベスト30
●コロナ太りに終止符! 「1回5分」の低価格コンビニジムが日本を席けん
●見た目は普通、中身は最新。ステルス家電、光ヘアケアドライヤー
●最新テックの本命! “減塩”エレキソルト、NFTチケットがブレイク
●脱・インスタの新潮流。盛らないSNSに若者が殺到する理由
●Gachaco、BYDが日本にEVを定着させる
まだある! 業界別ヒット予測
【食品・飲料】低アルコール飲料を正気のサタンが広げる
【ネットサービス】家事代行がさらに進化! サブスク型コンシェルジュ
【日用品・雑貨】コクヨと貝印がコラボ。ハサミの究極系HASA
【2022ヒット商品ベスト30】
●Yakult1000、YOLU、ナイトミン……睡眠市場が大ブレイク
●軽EV、完全メシ、チューナーレスTV……コロナ後の新基準に!?
●トップガン、たまごっち、マルエフ……懐かしい名前が劇的復活
●冷凍冷やし中華や置くだけ防カビ…… 驚きの新発想が脚光
●業界別に売れ筋が一覧できる 270社調査「ヒット商品総覧」
森岡毅氏インタビュー
なぜ医療にマーケの力が必要なのか
シン・ヒーロー作品研究
シン・仮面ライダー&シン・ウルトラマン
マーケター・オブ・ザ・イヤー2022
【今年の顔 インタビュー】
●清野菜名
●間宮祥太朗
▼「日経トレンディ2022年12月号」をAmazonで購入する
11
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年12月号
【巻頭特集】2023年ヒット予測100
【第2特集】2022年ヒット商品ベスト30
【第3特集】シン・ヒーロー作品研究
【Special】間宮祥太郎&清野菜名 インタビュー
発行・発売日:2022年11月4日
特別定価:800円(紙版、税込み)
Amazonで購入する