2022年11月4日発売の「日経トレンディ2022年12月号」 ▼Amazonで購入する では、「2022年ヒット商品ベスト30」を特集。29位に「大阪中之島美術館」が選ばれた。約40年越しで建てられた悲願の美術館がヒット展覧会を連発した。普段は美術に関心が薄い若年層も“写真映え”で取り込み、開館8カ月で約47万人を集めた。

※日経トレンディ2022年12月号より。詳しくは本誌参照

2022年ヒット商品29位は「大阪中之島美術館」(写真/日経クロステック)
2022年ヒット商品29位は「大阪中之島美術館」(写真/日経クロステック)

大阪中之島美術館

開館初年に「10万人超え」を連発 写真映えで若年層も取り込む

 約40年越しで建てられた悲願の美術館「大阪中之島美術館」がヒット展覧会を連発した。2022年2月に開館後、3つの展覧会で入場者数10万人超えを記録。8カ月で約47万人を集めた。

■岡本太郎展の16万人を筆頭に、3つの展覧会が10万人超え
2022年に大阪中之島美術館で開催された展覧会の入場者数(開館から10月初めまで)
2022年に大阪中之島美術館で開催された展覧会の入場者数(開館から10月初めまで)
「日経トレンディ2022年12月号」の購入はこちら(Amazon)

 同館の設立構想は1983年だが、大阪市の財政難などで計画が長く停滞。美術館では初のコンセッション方式(公共施設を民間が運営する仕組み)に活路を見いだし、ついに開館に至った。その約40年にわたるストーリーが様々なメディアで取り上げられ、期待度と認知度の向上に一役買った。

 絵画やデザイン作品などの近現代美術コレクションは、国内有数の6000点超。大阪にゆかりのある作家の作品も多く収蔵する。それらも生かした独自性のある展覧会に、全国から美術ファンが足を運んだ。同館がある中之島エリアは他にも美術館や文化施設が多く、複数の施設を見て回りやすいのも美術好きには好都合だ。

 さらに、普段は美術に関心が薄い若年層の取り込みにも成功した。その鍵は写真。同館は黒い箱形の特徴的な外観の他、吹き抜けのパッサージュ(通路)や大きな窓、階段など館内にも写真映えするスポットが多い。人気展覧会での写真撮影も可能だった。そこで撮った写真がSNSで拡散されたことで、新たに興味を持って訪れる若者も目立った。インスタグラムの美術館公式アカウントで、作品や館内、近隣店舗などの情報を積極的に発信する取り組みも効果的だった。

注)「2022年ヒット商品ベスト30」は、「日経トレンディ」2022年12月号に掲載しています。日経クロストレンド有料会員の方は、電子版でご覧いただけます。
▼関連リンク 「日経トレンディ」(電子版)
「日経トレンディ2022年12月号」の主な内容を紹介
【2023ヒット予測100】
発表! ヒット予測ベスト30
●コロナ太りに終止符! 「1回5分」の低価格コンビニジムが日本を席けん
●見た目は普通、中身は最新。ステルス家電、光ヘアケアドライヤー
●最新テックの本命! “減塩”エレキソルト、NFTチケットがブレイク
●脱・インスタの新潮流。盛らないSNSに若者が殺到する理由
●Gachaco、BYDが日本にEVを定着させる
まだある! 業界別ヒット予測
【食品・飲料】低アルコール飲料を正気のサタンが広げる
【ネットサービス】家事代行がさらに進化! サブスク型コンシェルジュ
【日用品・雑貨】コクヨと貝印がコラボ。ハサミの究極系HASA
【2022ヒット商品ベスト30】
●Yakult1000、YOLU、ナイトミン……睡眠市場が大ブレイク
●軽EV、完全メシ、チューナーレスTV……コロナ後の新基準に!?
●トップガン、たまごっち、マルエフ……懐かしい名前が劇的復活
●冷凍冷やし中華や置くだけ防カビ…… 驚きの新発想が脚光
●業界別に売れ筋が一覧できる 270社調査「ヒット商品総覧」
森岡毅氏インタビュー
なぜ医療にマーケの力が必要なのか
シン・ヒーロー作品研究
シン・仮面ライダー&シン・ウルトラマン
マーケター・オブ・ザ・イヤー2022
【今年の顔 インタビュー】
●清野菜名
●間宮祥太朗
▼「日経トレンディ2022年12月号」をAmazonで購入する
2
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2023年1月号
【巻頭特集】2023-2030年 大予測
【第2特集】2030年 未来をつくる人
【Special】高橋文哉 インタビュー
発行・発売日:2022年12月2日
特別定価:800円(紙版、税込み)
Amazonで購入する