2022年11月4日発売の「日経トレンディ2022年12月号」 ▼Amazonで購入する では、「2022年ヒット商品ベスト30」を特集。28位に「卓上サワー」が選ばれた。テーブル席のサーバーから、レモンサワーなどを客が自由につげる。そんな飲み放題サービスがヒットした。大手チェーンが採用すると、模倣店がさらに続出。認知度が一気に広がり、この1年で取り扱い店舗が3.1倍に増加した。

※日経トレンディ2022年12月号より。詳しくは本誌参照

2022年ヒット商品28位は「卓上サワー」
2022年ヒット商品28位は「卓上サワー」

卓上サワー

自由に酒をつげてすぐに飲める コト消費人気で店舗採用率3倍超

 苦戦する居酒屋業態で、「卓上サワー」などと呼ばれる飲み放題サービスがはやった。テーブル席のサーバーから、レモンサワーなどを客が自由につげる。全国の飲食店に占める取り扱い店の割合は、「この1年で約3.1倍に増えた」(ぐるなび)。

■総じて右肩上がりで増加
注)ぐるなびデータライブラリ提供。飲食店に占める卓上サワーを扱う店の割合について、21年10月を1とした
注)ぐるなびデータライブラリ提供。飲食店に占める卓上サワーを扱う店の割合について、2021年10月を1とした
「日経トレンディ2022年12月号」の購入はこちら(Amazon)

 若者のアルコール離れに加え、コロナ禍で敬遠されてきた居酒屋だが、卓上サワー設置店の満足度は高く、集客につながっている。自分でつぐのは新鮮で、「体験型のエンタメとして広い年齢層から支持された」(「0秒レモンサワー 仙台ホルモン焼肉酒場 ときわ亭」を展開するGOSSO)。酒が運ばれてくるのを待つ必要がなく、店員と接触する機会を減らせる点もコロナ下では都合がよかった。

 実はこうした形態は以前からあった。例えば19年7月には「大衆ジンギスカン酒場 ラムちゃん」の1号店がハイボールサーバーを卓上に設置。「当時から満席状態で、来店客のSNS投稿も多かった」(運営する一家ダイニングプロジェクト)。コロナ禍の外食自粛によりSNSで披露しにくくなったが、21年後半から自粛ムードが薄れて投稿が再び増加。それに目を付けた大手チェーンが追随し、模倣店が続出。認知度が一気に広がり、ブームが加速した。

注)「2022年ヒット商品ベスト30」は、「日経トレンディ」2022年12月号に掲載しています。日経クロストレンド有料会員の方は、電子版でご覧いただけます。
▼関連リンク 「日経トレンディ」(電子版)
「日経トレンディ2022年12月号」の主な内容を紹介
【2023ヒット予測100】
発表! ヒット予測ベスト30
●コロナ太りに終止符! 「1回5分」の低価格コンビニジムが日本を席けん
●見た目は普通、中身は最新。ステルス家電、光ヘアケアドライヤー
●最新テックの本命! “減塩”エレキソルト、NFTチケットがブレイク
●脱・インスタの新潮流。盛らないSNSに若者が殺到する理由
●Gachaco、BYDが日本にEVを定着させる
まだある! 業界別ヒット予測
【食品・飲料】低アルコール飲料を正気のサタンが広げる
【ネットサービス】家事代行がさらに進化! サブスク型コンシェルジュ
【日用品・雑貨】コクヨと貝印がコラボ。ハサミの究極系HASA
【2022ヒット商品ベスト30】
●Yakult1000、YOLU、ナイトミン……睡眠市場が大ブレイク
●軽EV、完全メシ、チューナーレスTV……コロナ後の新基準に!?
●トップガン、たまごっち、マルエフ……懐かしい名前が劇的復活
●冷凍冷やし中華や置くだけ防カビ…… 驚きの新発想が脚光
●業界別に売れ筋が一覧できる 270社調査「ヒット商品総覧」
森岡毅氏インタビュー
なぜ医療にマーケの力が必要なのか
シン・ヒーロー作品研究
シン・仮面ライダー&シン・ウルトラマン
マーケター・オブ・ザ・イヤー2022
【今年の顔 インタビュー】
●清野菜名
●間宮祥太朗
▼「日経トレンディ2022年12月号」をAmazonで購入する
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2023年1月号
【巻頭特集】2023-2030年 大予測
【第2特集】2030年 未来をつくる人
【Special】高橋文哉 インタビュー
発行・発売日:2022年11月4日
特別定価:800円(紙版、税込み)
Amazonで購入する