広告クリエイティブの今 第2回

「CG(コンピューターグラフィックス)だと思ったらセットだった」と話題になった、ポカリスエットのCM。2022年の「羽はいらない」編では透明のバルーンで覆った全長45メートルのセットを組み上げ、入道雲を人工的に作り出した。このCMの監督を務めた柳沢翔氏は「フルCGでもリアルに表現することはできるが、見るほうが『CGならできるでしょ』と興奮しなくなっている」と語る。

 1人の少女が大きな起伏のある学校の廊下を他の生徒とは逆方向に駆け抜け、その先の扉を開くとサクラが舞い散る空間が広がる――。大塚製薬「ポカリスエット」の21年CM「でも君が見えた」編はその幻想的な世界もさることながら、85メートルに及ぶ巨大なセットに動く床を作り、そこを実際に走る様子を撮影しており、「CGだと思ったらセットだった」などと大きな反響を呼んだ。

 本特集の第1回では世界の広告の大きな潮流として、「オーセンティシティー(本物であること、真実味)」を挙げたが、CGが進化してリアルに近い表現ができるようになった今、なぜ大がかりな実写作品が見ている人を魅了するのか。このCMの監督を務めた柳沢翔氏に聞いた。

映画監督、映像ディレクターの柳沢翔氏は1982年生まれ、神奈川県鎌倉市出身。多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。グラフィティアートに抽象芸術を織り交ぜるライブペインターとして活動した後、映像監督に。アニメの技法を用いてのファンタジックな映像表現への評価が高い。2016年に初の長編映画作品「星ガ丘ワンダーランド」を監督。16年、資生堂のウェブ動画「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」がカンヌライオンズ、Clio Awards、One Showの世界三大広告祭でゴールドを受賞。17年、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)「GRAVITY DAZE2」のウェブ動画が世界三大広告祭でゴールド受賞
映画監督、映像ディレクターの柳沢翔氏は1982年生まれ、神奈川県鎌倉市出身。多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。グラフィティアートに抽象芸術を織り交ぜるライブペインターとして活動した後、映像監督に。アニメの技法を用いてのファンタジックな映像表現への評価が高い。2016年に初の長編映画作品「星ガ丘ワンダーランド」を監督。16年、資生堂のウェブ動画「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」がカンヌライオンズ、Clio Awards、One Showの世界三大広告祭でゴールドを受賞。17年、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)「GRAVITY DAZE2」のウェブ動画が世界三大広告祭でゴールド受賞

入道雲を人工的に作り出し、巨大なバルーンで街を覆う

 ポカリスエットの22年CM「羽はいらない」編では、少女が雨の中を、傘を差して歩いていると、突然日が差し、雨が上がる。空は透明の膜で覆われており、クルマがぎっしりと並ぶ道の向こうには大きな入道雲。少女はクルマによじ上り、その上を次々に飛び渡っていく。そして大きくジャンプして入道雲の上に飛び込むと、透明な膜がはじけて青空が見えるという、前作と同様に幻想的な作品となっている。

ポカリスエットの22年CM「羽はいらない」編
ポカリスエットの22年CM「羽はいらない」編
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
10
この記事をいいね!する