2022年10月4日発売の「日経トレンディ2022年11月号」 ▼Amazonで購入する では、「歯医者の真実」を特集。「滑舌が悪くなった」「飲み込むときにむせる」──。そんな変化に思い当たる節はないだろうか。いずれも「オーラルフレイル」(口腔の衰え)の兆候だ。放置すると身体全体の衰えにつながりかねないが、早めに対処すれば回復も可能。最新エビデンスと対策を、第一人者の飯島勝矢教授に聞いた。

※日経トレンディ2022年11月号より。詳しくは本誌参照

──これまで老化と言えば、足腰の衰えや血管の若さに重きが置かれてきました。それに加えて「オーラルフレイル」への注目が高まっているのはなぜでしょうか。

飯島勝矢氏(以下、飯島) 口の問題は口だけでは終わらないことが分かってきたからです。例えば、私たちの調査では、硬いものが食べにくい、滑舌が悪い、むせやすいなど、口の機能が低下した状態(オーラルフレイル)の人は、口腔機能が良好な人に比べて死亡率が2.1倍、要介護認定になる率は2.4倍になるという結果が出ています。一方で、オーラルフレイルは、放置せずにきちんと対策すれば改善することも分かっています。これで健康寿命の延長が期待できます。

「オーラルフレイル」(口腔の衰え)の第一人者である、東京大学 高齢社会総合研究機構の飯島勝矢教授
「オーラルフレイル」(口腔の衰え)の第一人者である、東京大学 高齢社会総合研究機構の飯島勝矢教授
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構/未来ビジョン研究センター 機構長・教授
東京慈恵会医科大学卒業。医学博士。東京大学大学院医学系研究科講師、米スタンフォード大学循環器内科研究員などを経て現職。千葉県柏市での大規模高齢者健康調査をベースに、超高齢社会の健康長寿まちづくりや、地域包括ケアシステムなどを研究する
■放置すると要介護や身体的フレイルのリスクが上昇
高齢者を健康からオーラルフレイルまでの3グループに分け、4年間追跡調査した結果。オーラルフレイル該当者は、要介護認定率も健康な人の2.4倍だった。注)田中友規、高橋競、平野浩彦ほか「Oral Frailty as a Risk Factor for Physical Frailty and Mortality in Community-Dwelling Elderly」(The Journals of Gerontology,Series A、2017年)から
高齢者を健康からオーラルフレイルまでの3グループに分け、4年間追跡調査した結果。オーラルフレイル該当者は、要介護認定率も健康な人の2.4倍だった。注)田中友規、高橋競、平野浩彦ほか「Oral Frailty as a Risk Factor for Physical Frailty and Mortality in Community-Dwelling Elderly」(The Journals of Gerontology,Series A、2017年)から
「日経トレンディ2022年11月号」の購入はこちら(Amazon)

──なぜオーラルフレイルが原因で、心身の機能が落ちるのでしょうか。

飯島 まず身体全体の衰えである「フレイル」について説明しましょう。フレイルは、加齢とともに心身の活力が低下した状態のこと。英語の「frailty」(虚弱)が語源で、日本老年医学会から2014年に提唱しています。多くの人が健康な状態から、フレイルを経て要介護状態になると考えられます。特筆すべきは、フレイル状態に早めに気付いて適切な対処をすれば、また健康な状態に戻れる可能性(可逆性)があることです。しかし、フレイルの小さなサインを見逃していると、加速度的に介護が必要な状態に進行してしまいます。一度要介護レベルになると、残念ながらなかなか改善は期待できません。

■要介護になる前に気付けば、戻れる可能性が高い
「フレイル」は、身体や認知機能、社会性などの衰えが加齢により進んだ状態のこと。早いうちに対処すれば、健康状態に戻れる可逆性がある。注)葛谷雅文「老年医学におけるSarcopenia & Frailtyの重要性」(日本老年医学会雑誌、2009年)から改変
「フレイル」は、身体や認知機能、社会性などの衰えが加齢により進んだ状態のこと。早いうちに対処すれば、健康状態に戻れる可逆性がある。注)葛谷雅文「老年医学におけるSarcopenia & Frailtyの重要性」(日本老年医学会雑誌、2009年)から改変

 私たちは、高齢者約2000人強を対象にした大規模調査を12年から千葉県柏市で実施し、健康状態や身体機能、社会参加状況、認知機能など260項目のデータを収集しています。この調査(柏スタディ)で、フレイルの詳細が明らかになりました。

 それは、フレイルの予防には「食事(栄養・口腔)」「運動」「社会参加」の3つがとても大切だということです。「よくかんで、しっかり食べること」「ウオーキングなどによる適度な運動」「趣味やボランティア、就労などの社会参加」をバランスよく実践することが、健康的な生活を送り続けるために重要だと分かったのです。

■フレイル予防の3本柱の一つ
食事、運動、社会参加の3行動は相互に関連している。食事を維持するためには、口腔の健康が不可欠。そこで「オーラルフレイル」という概念が誕生した
食事、運動、社会参加の3行動は相互に関連している。食事を維持するためには、口腔の健康が不可欠。そこで「オーラルフレイル」という概念が誕生した

 つまり、よくいわれる足腰の筋肉と同様に、口腔機能も老化防止には重要なのです。その説明のために提唱した概念が「オーラルフレイル」。実際、オーラルフレイルの人は、身体的フレイルになるリスクが2.4倍高いことも柏スタディの結果が示しています。

──筋肉は40歳を過ぎると毎年0.5~1%ずつ減少すると聞きます。オーラルフレイルは何歳から心配するべきでしょうか。

飯島 柏スタディでは平均73歳の高齢者で、オーラルフレイルの比率が2割弱でした。早い人は50歳代から、60歳代では4人に1人が、前段階の「プレ・オーラルフレイル」に該当するのではないかと見ています。しかし、それより若い世代だから全く安心とも言い切れません。30代後半ぐらいから、歯周病の人は増えてきます。若いうちからオーラルフレイルにならないように注意し、栄養のある食事を食べ続ける総合力としての食力(しょくりき)を維持することが、将来のフレイル予防を下支えすると思います。

──虫歯や歯周病さえ治療できていれば、オーラルフレイルにはならないのでしょうか。

飯島 食力が衰える要因は主に5つあり、もちろん「機能する歯がどれだけ残っているか」は重要です。1989年から始まった「8020運動」は素晴らしい成果を上げており、最新の全国調査(16年歯科疾患実態調査)では、75~84歳の51%が20本以上の歯を残せています。

 しかし、歯が残っていても口の筋肉が衰えていると、やはり食力は落ちます。これが2つ目の要素である口周りの筋肉のサルコペニア(筋力の低下)です。これが起きると、食べ物をかむ咀嚼機能や、飲み込むための嚥下機能が落ちてしまいます。

 そして3つ目が、多剤併用(ポリファーマシー)の副作用です。高齢者は持病の治療のために複数の医薬品を服用していることが多いのですが、これが、唾液の分泌量減少や食欲減退を引き起こしていることがあります。

 4つ目として食事に対する誤認識も問題で、いわゆる「メタボの光と影」になるのでしょう。メタボリック症候群の啓発が進んだことによって、多くの高齢者が「もっと痩せなければ」と勘違いしています。現役世代が太り過ぎの場合は、心疾患や脳血管疾患などのリスクが確かに上がるので、体脂肪を落とした方がよいでしょう。しかし高齢者はうまく体重を落とさないと、むしろ大事な筋肉を失い、身体的フレイルも進行させてしまいかねません。

 そして、意外に重要なのが社会性。どんな環境で食事をするかが、食力に大きく影響していることが分かっています。例えば、1人では弁当を食べきれない高齢者でも、他の人とおしゃべりしながらなら、残さず食べきれることが多い。人との食事や会話が食力の下支えになっているのです。

■口臭が気にならなくなったら要注意
オーラルフレイル進行の概念図。歯の状態や口臭への関心の低下は初期のオーラルフレイルだ。咀嚼力が落ちると食べられる食品が減り、低栄養に。口腔機能の低下は全身のフレイルにつながる。注)日本歯科医師会『歯科診療所におけるオーラルフレイル対応マニュアル 2019年版』から抜粋
オーラルフレイル進行の概念図。歯の状態や口臭への関心の低下は初期のオーラルフレイルだ。咀嚼力が落ちると食べられる食品が減り、低栄養に。口腔機能の低下は全身のフレイルにつながる。注)日本歯科医師会『歯科診療所におけるオーラルフレイル対応マニュアル 2019年版』から抜粋

──新型コロナ禍の影響で、人と一緒に食事をする機会が減り、隣席の人と雑談をすることも少なくなりました。これらもオーラルフレイルに影響するのでしょうか。

飯島 口周りの筋肉は、使わなければ動きが悪くなります。口には、食べる、飲み込む、話す、唾液を分泌するなどの多様な機能があります。それらの機能に大切な役割を果たしているのが筋肉の塊である舌。例えば、硬い肉を食べるとき、同じ歯でずっとかんでいるわけではありません。前歯でかみ切ったら、舌で左右の奥歯を往復させながら数回ずつかんで、最後に舌全体で喉の方へ食べ物を送り込みます。しっかり食べるためには、咀嚼の筋肉だけではなく、唇、舌、喉など、口周りの筋肉がしっかり協調して働ける状態であることが大切です。

──オーラルフレイルかどうかを簡単に調べる方法はありますか。

飯島 私がつくったセルフチェックリストでは、8項目の質問に答えるだけでオーラルフレイルのリスクを調べられます(下図)。まずはこれを試してみてください。

■オーラルフレイルのリスクをチェック
東京大学高齢社会総合研究機構の田中友規氏と飯島教授による、オーラルフレイルのセルフチェック票。これまで自覚症状がなかったとしても、合計の点数が3点以上なら、歯科受診や口周りの筋力トレーニングなどの対処を検討したい
東京大学高齢社会総合研究機構の田中友規氏と飯島教授による、オーラルフレイルのセルフチェック票。これまで自覚症状がなかったとしても、合計の点数が3点以上なら、歯科受診や口周りの筋力トレーニングなどの対処を検討したい

 また、唇と舌の動きは、「パ・タ・カ」テストで簡易的にチェックできます。「パパパ……」「タタタ……」「カカカ……」とできるだけ速く言ってみてください。これらが5秒間に30回以上言えれば問題ありません。この3つの発音は、食べるために必要な筋肉と関連しています。「パ」は、唇の周りの筋肉と連動しており、ここが衰えている人は食べこぼしの心配があります。「タ」は、舌の先端部分が上前歯の裏に付く発音で、口の中で食べ物を移動させる動きと関連しています。そして「カ」は舌の奥の部分の動きで、飲み込む力や嚥下機能障害に影響します。

サンスターグループが21年に公開したアプリ「おくち元気チェック」では、上記のセルフチェックの他、「パ・タ・カ」の発声回数で評価する滑舌テストなどもできる
サンスターグループが21年に公開したアプリ「おくち元気チェック」では、上記のセルフチェックの他、「パ・タ・カ」の発声回数で評価する滑舌テストなどもできる

 もっと詳しく口腔機能について調べてみたい場合には、「口腔機能低下症」が検査できる歯科医院を探してみるのも手です。かむ力(咬合力)や舌の力(舌圧力)、咀嚼機能などを専用の装置で測定できます。18年4月から65歳以上で保険診療の対象になり、22年4月からは50歳以上に対象が拡大されました。専用の機械が必要で、まだ多くの歯科医院が対応しているとはいえませんが、最近は大学の歯学部でもオーラルフレイルについて学ぶようになってきたので、今後は対応が増えると期待しています。

──オーラルフレイルを防ぐために、口周りを鍛える方法はありますか。

飯島 いったんオーラルフレイルになった人でも、3カ月ほど訓練をすると、かなりの人が改善することが分かっています。例えば「パ・パ・パ……」とはっきり発音する練習をする「パタカラ体操」など、様々な口の運動(口腔体操)が提唱されており、どれも一定の効果が見込めます。

■3カ月の訓練で滑舌などの改善が可能
神奈川県歯科医師会がオーラルフレイル該当者129人に、口腔の体操などの改善プログラムを実施した結果。3カ月間で「パ」「タ」「カ」を連続発声する滑舌テストの結果が、平均で1割以上改善した。注)神奈川県「『口腔ケアによる健康寿命延伸事業』調査報告書」(平成29年度)のデータを基に編集部でグラフを作成
神奈川県歯科医師会がオーラルフレイル該当者129人に、口腔の体操などの改善プログラムを実施した結果。3カ月間で「パ」「タ」「カ」を連続発声する滑舌テストの結果が、平均で1割以上改善した。注)神奈川県「『口腔ケアによる健康寿命延伸事業』調査報告書」(平成29年度)のデータを基に編集部でグラフを作成

 ただ、腕や脚の筋肉と一緒で、“筋トレ”だけで鍛えようとすると、長続きしない恐れがあります。一方で、仕事で荷物配送をする人はしっかりとした二の腕をしていますし、趣味でサイクリングをする人は脚の筋肉が発達しています。同様に、口周りの筋肉も、普段の生活で取り入れられることや、好きで続けられることをいくつか併用するのがよいと思います。

 例えば、新聞記事などを1本音読する、風呂やカラオケで1曲歌うのもいいでしょう。毎日の歯磨きに頰を動かす「ブクブクうがい」を数十秒加えるのも効果が期待できます。他に、おかずに硬くて大きめの食材を入れる手もあります。自分で習慣化しやすいことをいくつか選んで始めてください。筋肉は裏切りません。怠けていれば衰えますが、努力を継続していれば、必ず結果が出てきます。

──歯科医院に通うことは、オーラルフレイル対策に有効でしょうか。

飯島 口腔リテラシーを高く維持するために、口に何のトラブルも感じていないとしても、3~6カ月に1回程度の歯科受診をお勧めします。ただ、日本人で定期受診をしている人は非常に少ない。だから、歯科以外の医療や介護の関係者にオーラルフレイルについて知ってもらい、定期歯科受診を促すような連携を加速したいと考えています。

(写真/村田 和聡)

注)「歯医者の真実」は、「日経トレンディ」2022年11月号に掲載しています。日経クロストレンド有料会員の方は、電子版でご覧いただけます。
▼関連リンク 「日経トレンディ」(電子版)
「日経トレンディ2022年11月号」の主な内容を紹介
【歯医者の真実】
●オーラルフレイル
食べこぼしを放置すると要介護に!? 第一人者に聞く有効な対策
●虫歯
「オールセラミック」で虫歯治療後も白い歯を維持。「銀歯」は危険?
●歯周病
先端医療が保険適用。溶けた骨や歯茎が復活! 歯周病再生療法の実力
●歯列矯正
2~3年かかる歯列矯正が1年に。スピード矯正「JET System」
●ホワイトニング
白さ、回数、価格まで大違い! 導入システムで見極める
●ケアグッズ
歯ブラシから洗口液まで! 歯科医が選んだ逸品
●デンタルテック
歯周病発見AI、全自動歯ブラシ、再生治療薬……テック最前線
●歯医者のワザ
歯科矯正やインプラントは医療費控除の対象になる? ならない?
【スタートアップ大賞2022】
●大賞は、プレーに介入できる新感覚ゲーム「ミラティブ」
●新フードサブスクにネオFinTech…、新たな挑戦者続々
最新ヒット文具の裏側
ヒットを狙う次の一手
山本舞香インタビュー
▼「日経トレンディ2022年11月号」をAmazonで購入する
12
この記事をいいね!する